無敗の3階級王者 田中恒成は豪快KO勝利も控えめ「もうそろそろ一皮むけたい」

写真提供全て FUKUDA NAOKI

大晦日に大田区総合体育館でWBO世界フライ級タイトルマッチが行われ、チャンピオンの田中恒成(24=畑中)が、同級10位ウラン・トロハツ(26=中国)を3回KOで下し、V3を達成した。

スピードとパワー

日本人最速で3階級王者になった田中恒成が、5年ぶりに関東のリングに立った。

試合開始のゴングが鳴ると、田中が速い出入りとジャブを駆使してペースを握る。

相手のトロハツは、日本人キラーとして日本人相手に無敗を誇る。

だが、この日は田中のスピードについてこられない。

第2ラウンドでは、田中がボディも織り交ぜ、力強いパンチで上下にパンチをまとめていく。

試合後のインタビューで語っていたが、このラウンド終了時点で「もう前に詰めて勝負をかけてもいいな」と思っていたようだ。

そして迎えた第3ラウンド。田中のアッパーのダブルが決まりトロハツがダウン。

そのパンチで立ち上がれず、田中の豪快なKO勝利となった。

相手のトロハツはダメージが大きく、しばらくその場から立ち上がれないほどだった。

田中が持ち前のスピードに加え、パンチのキレが鋭くコンディションの良さを感じさせた。

また、フライ級に階級を挙げて5戦目となるが、持ち前のスピードに加えパワーも増した。

試合後には「試合当日としてはいつもよりいい感覚」と話していたが、今回は過去最高の出来だったといえる。

第1ラウンドから調子の良さを感じさせて、田中のポテンシャルの高さが際立った試合となった。

画像

覚醒した田中

試合後の会見では、今回の勝因について「コンディション調整がうまくいったこと」を挙げた。

プロデビューから減量には苦労していたようで「体調良く試合を望んだことがほとんどない。パフォーマンスの邪魔をしていたのが減量」と話していた。

今回は、早めに体重を落とす事や減量方法やロードワークを増やすなどして工夫してきた。

また、田中は会見の中で「もうそろそろ一皮むけたい」と話していた。

私からしたら、若くして無敗で3階級を制覇した田中は圧倒的な強さを誇るチャンピオンだ。

しかし、本人は自身の結果に対する、周囲の評価に満足ができないのだろう。

現在同じ世界王者としてベルトを巻く、井上尚弥(26=大橋)や村田諒太(33=帝拳)、そして、同じリングに立った井岡一翔(30=Reason大貴)に比べ、田中の注目度はまだまだ低い。

実績は充分だが、知名度がまだ追いついてこない。その満たされない気持ちが、田中の戦うモチベーションになっている。

画像

統一戦か4階級

同じリングで、ひとつ上のスーパーフライ級の井岡一翔が初防衛に成功している。田中は井岡との対戦を熱望している。

世界ボクシング主要4団体、WBOのフランシスコ・バルカルセル会長も、田中と井岡の対戦を歓迎している。

両者共にWBOのベルトを巻いているため、今後田中が階級を上げれば、対戦は十分にあり得るだろう。

田中も井岡の試合を見たようで「階級を上げて攻撃力や体力が増している。いい試合だった」と語っていた。

この階級には他にも、元4回級王者のローマン・ゴンザレス(ニカラグア)や、ファンフランシスコ・エストラーダ(メキシコ)など強豪が名を連ねる。

ぜひ田中との対戦を観たいところだ。

今後に向けては「畑中ジム陣営でじっくり決めていきたい」と話している。

おそらく、今後はフライ級での統一戦や4階級目を目指していくことになるだろう。

田中は現在の日本人の現役世界王者の中でも、24歳ともっとも若い。今後の更なる活躍に期待したい。