アマチュアボクシングのニューヒロイン並木月海「オリンピックは夢から目標に変わった」

全てスタッフ撮影

12月8日東京都板橋区の東洋大学総合スポーツセンターで、東京五輪に向けて女子日本代表決定戦(ボックスオフ)が行われた。

今回の選考会は、まだ代表が決定していないフライ級、フェザー級、ライト級の3階級で実施された。

画像

東京五輪代表に向けて

世界女子選手権と全日本女子選手権の開催時期が重なったため、今回の選考会が用意された。

代表に選ばれたのは、フライ級並木月海(自衛隊体育学校)、フェザー級入江聖奈(日本体育大学)、ライト級浜本紗也(日本大学)。

また、既に代表に認定されていた選手は、69kg級(ウェルター級)の全日本王者鬼頭茉衣(中京大学・大学院)、75kg級(ミドル級)の全日本王者津端ありさ(西埼玉中央病院)。

以上の5名が、来年2月アジア・オセアニア予選(中国・武漢)に出場する。

既に日本は開催国枠として2枠与えられているが、残りの枠も獲得するためアジア予選に出場する。

東京五輪で実施される、全階級での出場枠獲得を狙う。

また、アジア予選で出場枠を逃した場合は、5月の世界最終予選(パリ)がある。

画像

注目のボクサー並木

今回の試合での注目選手は、フライ級の並木月海だ。

2018年にインドで行われた世界選手権で銅メダルを獲得。また、同年にカザフスタンで開かれた大統領杯で金メダルを獲得。

今年の世界選手権でも、ベスト8に入賞している。

サウスポースタイルからのストレートは見栄えが良く、153cmと小柄な体格だが、明確にポイントを取れるパンチを持っている。

アマチュアボクシング関係者の間でも、評価は高い。

日本ボクシング連盟の菊池副会長は「パンチ力があります。彼女だけは音が違っていて、男子並みの音でした」と話していた。

また元ロンドン五輪代表で、現在自衛隊体育学校で並木を指導している須佐勝明氏は、

「クオリティーブロー(有効打)の見栄え、見せ方が誰よりも優れている。ジャッジに対してのアピール、見せ方がうまい。

パンチのスピードが速いので音も見栄えもいい。日本選手の中で一番メダル獲得への期待が高い」と絶賛し、

「2月から行われるアジア予選で優勝する可能性も非常に高い」と教え子に太鼓判をおした。

自力獲得に向けて

選考会後に行われた会見で、日本アマチュアボクシング連盟の内田会長は

「レベルがすごく高い。オリンピックでもメダルが届く選手たちが集まった」と話した。

また、並木は「率直に嬉しい。東京オリンピックには自力で枠を取り出場したい。オリンピックについては、夢だったのが目標に変わった」と話していた。

アマチュアボクシングはプロに比べてラウンド数が少ない。

そのためテンポが速くスピーディーな攻防が見られる。

筆者は元アマチュアボクサーであったが、今回の試合を見て女子のレベルの高さに驚いた。

パンチ力では男子には劣るものの、テクニックやスピードでは負けていない。メダル獲得への期待が高まった。

女子ボクシングは2012年のロンドン五輪から正式採用されたが、まだ日本人で出場した選手はいない。

東京五輪での開催国枠に加え、アジア予選で勝ち抜いて出場枠を勝ち取ってもらいたい。

画像