ミドル級のカネロがヘビー級のコバレフを衝撃KO スピードでパワーを制す

(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ラスベガスMGMグランド・ガーデンアリーナで、ボクシングWBO世界ライトヘビー級タイトルマッチが行われ、

王者のセルゲイ・コバレフ(ロシア=36)に、3階級王者のサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ=29)が挑戦した。

カネロは、今回勝利すれば4階級制覇となる。

それに加えてミドル級、スーパーミドル級のベルトも保持しているため、3階級同時制覇となり注目の試合となった。

ボクシングとリーチ

大きなブーイングのなか入場したコバレフに対し、大歓声のなか入場したカネロ。

今回の試合では、カネロがミドル級から体重を7キロあげて、ライトヘビー級の王者コバレフに挑戦するという事で大きな注目を集めた。

ゴングが鳴ってまず目についたのは、両者の体格差だ。

カネロが175cm(リーチ179cm)に対し、コバレフは182cm(リーチ184cm)。身長差は7cmもあった。

だが、実際に試合を見て数字以上の体格差を感じた。

私も現役時代、自分より身長が10cm以上高い選手と戦ったことがあるが、非常にやりづらさを感じた。

パンチが当たらないのに加えて、相手はパンチを打ち下ろしてくるため勢いが増す。

そのため、自分のパンチが当たり相手の攻撃を回避する「距離感を掴む」ことがポイントとなる。

試合の展開について

コバレフは体格を活かし、長いジャブをついてペースを握った。

カネロもプレッシャーをかけていくが、コバレフの距離感が絶妙なため、なかなか詰め切れない。

両者の間が空くとコバレフがすかさずジャブをつき、攻撃させる隙を与えなかった。

中盤。カネロもプレッシャーを強め、巻き返しを図る。ボディ打ちも織り交ぜ、カネロのパンチがヒットしていった。

コバレフも、前に出るカネロの圧力を感じ徐々に疲労していった。

コバレフはジャブで活路を見出そうとするが、カネロのパンチに力強さがあり、カネロがペースを取り返していった。

後半に入るとカネロが完全にペースを握り、コバレフにクリーンヒットを重ねていく。

そして迎えた第11R。カネロの右がヒットしてコバレフがよろける。そこに、追撃の左フックが決まり、トドメの右ストレートが入る。

コバレフが腰から崩れ落ち、ロープにもたれかかったところでレフリーが試合をストップ。

序盤は苦戦したカネロだったが、最後は衝撃的なKO勝ちでタイトルを奪取した。

持ち前のスピードとパワーを活かし、この階級でも戦えることを証明した。

今後のカネロに注目

カネロは今回の試合で、メキシコ人として4人目の4階級制覇を達成した。

しかも、ミドル級、スーパーミドル級、ライトヘビー級と3階級同時でベルトを保持することになった。

ボクシングは階級によって戦い方が変わる。

中重量級のミドル級を主戦場としていたカネロが、重量級のヘビー級で王者になるとは思いもしなかった。

カネロは今回の試合で3500万ドル(約37億8000万円)以上のファイトマネーを稼いだと言われている。

ボクシング界で最も稼ぐと言われるカネロ。彼と対戦を望む選手は多い。

今後どの階級を選択し、誰と戦うのかに注目が集まる。

しばらくは、ボクシング界もカネロというスターを中心に回っていきそうだ。