「高校時代から脅威だった」 天才ボクサー須佐勝明が語った井上尚弥の凄みとは

写真提供 FUKUDA NAOKI

ロンドン五輪でもっともメダルを期待された、天才ボクサーがいる。元アマチュアボクシング日本代表の須佐勝明(35)だ。

須佐氏は、福島県出身で、2012年ロンドン五輪にフライ級代表で出場している。

当時の日本代表チームには、3階級王者の井上尚弥(26=大橋)もいた。当時から話題の高校生だった井上について、話を聞いた。

井上尚弥は脅威の存在

ーーー須佐選手にとって、井上尚弥選手はどういう存在ですか?

須佐:アマチュア当時はすごく脅威でした。

ーーー初めて出てきた時は、どう思いましたか?

須佐:高校生で非常に強いといわれていたのですが、そういう選手は今までたくさんいました。

なので、大したことはないだろうなと思っていました。

ですが、ロンドン五輪の予選前、合宿で初めて一緒に組んで、マスボクシングをやりました。そしたら、非常に強くて驚きました。

ーーーマスボクシングで強かったのですか?

須佐:はい。向かい合ってみて、本来であればこちらの距離だったのですが、距離が遠いのです。

ーーー遠いとはどういうことでしょうか?

須佐:当たらない距離なんです。

ーーーではパンチは届かない距離だったということですか?

須佐:だから当時は「え、そんなに遠くて大丈夫?」と焦りましたね。その距離から一気にパンチが飛んでくるのです。

ーーー何が速いのですか。踏み込みが速いのですか?

須佐:踏み込み、加えてモーションがないのです。

普通はモーションがなかったら結構ぶれたりするのですが、ピンポイントに標的に当てているのです。

「こいつは何だ」となりました。

ーーーパンチも非常に脅威ではないですか。当て感や距離感もですか?

須佐:遠い距離から当たらないだろうというところから当ててくるから、みんなもらってしまうのです。前々回のパヤノ戦の時もそうでしたね。

ーーーパンチがある、見えない、あとは何ですか?

須佐:当て感がすごいです。距離があっても完璧なのです。

ーーーそしたら当たりますね。

須佐:井上尚弥がパンチをもらう時は後半なのです。後半でしっかりガードして、もう疲れて休みたい時にしかもらわないです。

後はほとんど打たせないです。

ーーー目がいいのでしょうね。

須佐:目もいいと思いますし、パンチがあるから抑止力になります。

カウンターもあるので、そういったところでみんなパンチを出せなくて、どうしようか、どうしようかと、やってるうちに倒されてしまいます。

スタッフ撮影
スタッフ撮影

オリンピックの予選について

ーーースパーリングはやったことはありますか。

須佐:スパーリングはないです。マスしかないです。

ーーースパーリングをやりたいと思ったことはないですか?

須佐:ないです。勝てる保証がなかったです。

ーーーベテランでアマチュアトップの須佐選手も、当時高校生の井上選手と戦ったらまずいなと思ったのですか?

須佐:はい。減量があるので試合だったら特にです。引き出しはそんなに変わらないですから。若さで負けるかもしれません。

ーーー若い時からすごかったのですね。

須佐:ロンドンの最終予選も勝っていましたよ。負けましたけれども。

ーーーどうだったのですか。オリンピックには出られなかったですけれども、その辺はやはり難しかったのですか。どのような試合だったのですか。

須佐:世界選手権の一次予選は、キューバの選手に負けたのです。

ーーーそれは負けたと書いてありました。

須佐:いいえ、五分五分です。勝ってもいいような試合でした。相手はそれでオリンピックに行ったのですが、どっこいどっこいです。

負けたので、最終予選がなかったのです。

ーーー枠がなかったのですか。

須佐:世界選手権でアジア枠はなくなってしまいました。

ーーーアジアは強いから全部持っていってしまったのですか。

須佐:はい。そのあとに最終予選でライトフライ級で1枠増えたのです。

世界選手権で5枠か6枠あって、みんな一気に世界選手権を取ったので、ほかの選手の枠がなくなりました。

そのため、それをどこかの枠、重量級から持ってきて1枠増やしたのです。

ーーー決勝まで行けば出られるぐらいですか。

須佐:いいえ、優勝したら出られます。

ーーー優勝しないと出られないのですか。

須佐:その予選です。

ーーー予選がなかったのをつくって優勝者しか出られないのですか。

須佐:その時に尚弥の階級の枠がないので、1つどこかからの階級を持ってきて、尚弥は決勝まで行って負けたのです。

ーーー決勝で負けたのですか。その試合はどうだったのですか。

須佐:勝っていました。

ーーーでは本当に運がなかったということですか。その選手はどこまで行ったのですか。

須佐:メダルは取っていないとは思うのですが、ぼちぼち強い選手です。

全日本チーム 井上は前列右から2番目 本人提供
全日本チーム 井上は前列右から2番目 本人提供

メダル獲得も狙えた

ーーー井上選手がそこでロンドン五輪に出ていたら、結構いいところまで行っていましたか。

須佐:行っていると思います。

ーーーメダルを取れていた可能性もありますか。

須佐:ロンドンでもそうですし、リオだったらもう絶対メダルを取っています。

リオでもっと強くなっていると思いますし、メダルを取っていると思います。

ーーー例えば今はプロが入れるようになりましたが、なかなかプロは順応できないから勝てないと言われています。

井上選手は別格かなと思いますが。

須佐:出たらアマチュア荒らしになってしまいます。

ーーー今のアマチュアの選手でも……

須佐:勝てないです。

ーーーそうですか。56キロ級(バンタム級)でもですか?

須佐:56ですか。56でも勝てないと思います。

ーーー52キロ級(フライ級)はどうですか。

須佐:52でも勝てないと思います。別格です。

ーーー近くで見ていましたし、実際に手合わせをしているから分かるのでしょうね。入った時からもともと強かった感じですか。

須佐:強かったです。最初のファーストコンタクトが、距離と見えないのが出てくることでびっくりしました。

それだけでもう警戒レベルが100でしたよ...

井上尚弥の次戦は、11月7日にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で、5階級制覇王者のノニト・ドネアと対戦する。

注目の試合は、フジテレビで生中継される。過去最強の相手に、井上がどのような戦いをするかに注目だ。