京口紘人がダウンを奪いV2達成 ライバル王者拳四朗との対戦は来年か

写真提供すべて FUKUDA NAOKI

エディオンアリーナ大阪で、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチが行われた。

WBA世界ライトフライ級スーパーチャンピオン京口紘人(25=ワタナベ)と挑戦者同級1位久田哲也(34=ハラダ)が、お互いの出身地である大阪で激突。

京口は初の凱旋試合で2度目の防衛戦、久田は苦節16年で初の世界挑戦となった。

一進一退の攻防

試合開始のゴングが鳴ると、ファイタータイプの両者による激しいペース争いから始まった。

前に出る久田に対し、京口は頭を振りながらジャブと左のボディブローを打ちペースを掴んでいった。

しかし、2R目に久田の右のカウンターがヒットし、京口がよろける。

その後は一進一退の攻防が続き、お互いに拮抗したラウンドが続いた。

京口も久田が時折見せる、アッパーに手を焼いているようだった。

ファイタータイプには、アッパーは効果的だ。縦からのパンチは非常に見にくい。

前に出ようとした時にこのパンチを打たれると、ガードに専念しなければならないので不用意に出れなくなる。

京口を警戒させるのに十分なパンチだった。

画像

流れを引き寄せだ右のダブル

中盤になると久田の攻勢が目立った。

京口の倍以上の戦績を誇り、プロでの戦い方を熟知している。

ペースが久田に傾きかけた9R目に、京口のアッパーからのフックが入り久田がダウン。

このダウンがきっかけで、京口が再度ペースを取り戻した。

ダウンすると、採点で2ポイントマイナスになる。

見ている方も頭に残るので、勝敗を印象付けるのに有利だ。

取られた方は、ポイントで不利になるので、焦る気持ちも出てくる。

余裕が出てきた京口に対して、久田は焦りからか攻撃が雑になる。

京口が完全に流れを引き戻し、試合終了のゴングが鳴った。

3-0(115-112,116-111,117-110)の判定で京口が2度目の防衛に成功した。

勝負のポイント

京口にとって圧勝とはならなかったが、非常にいい経験を積めたのではないだろうか。

外国人との対決より、日本人対決の方が選手も気合が入る。

きつい試合を乗り越えることで更に成長するし、気持ちのぶつかり合いを制しての勝利は大きい。

プロではまだ14戦だが、臨機応変に戦い方を変える底力も発揮した。

今回の試合で勝負が動いたのは、ダウンを奪った9R目だった。

それまで、久田の前進に合わせて打ち合う場面が多かったが、このラウンドから戦い方を変えた。

ステップを多用して足を使いながらサイドに動いていった。久田も急に局面が変わり、やりづらそうにしていた。

それにより両者の距離が空いて、ダウンを奪った攻撃に繋がった。

気になる統一戦

試合後、京口は安堵の表情を浮かべていた。

ヒーローインタビューでは、「チャンピオンになってから初の凱旋防衛でモチベーションは高かったが、反省して次に精進します。次こそは面白い試合をする」と語った。

今後については、「ダメージがたまる試合だったので、少し休んで来年のビッグマッチに繋げたい」と話した。

現在、ライトフライ級は下記の王者が君臨している。

WBAスーパー 京口紘人(ワタナベ)

WBAレギュラー カルロス・カニサレス(ベネズエラ)

WBC 拳四朗(BMB)

IBF フェリックス・アルバラード(ニカラグア)

WBO エルウィン・ソト(メキシコ)

中南米の王者がひしめく中、WBC王者には6度防衛中の拳四朗がいる。

京口と拳四朗はアマチュア時代から、拳を交えるライバルだ。

期待される統一戦について、ワタナベジム陣営は、来年夏以降に対戦する意向もあるようだ。

拳四朗も意識するライバルとして、真っ先に京口の名前を挙げていた。

ライバルがいることで、選手の注目度も高まる。

お互いが成長し、ファンが望むカードの実現に期待したい。

画像