拳四朗 王者としてのモチベーションは「キャーキャー言われたい」

写真提供 FUKUDA NAOKI

9月8日都内某所で、筆者(木村悠)と拳四朗(27=BMBジム)によるトークショーが行われた。

拳四朗は2017年に世界タイトルを獲得し、これまで6度の防衛を誇る。

対抗王者にはWBAに京口紘人もいる。今後の展望やライバル王者についても語ってくれた。

倒そうと思うと倒せない

ーーー今までのキャリアの中で、挫折などありましたか?

拳四朗:スランプのようなものが、少しだけありました。

ーーーそれはいつ頃ですか?

拳四朗:プロになった当初です。1回倒してから、「何か、倒せるんや、僕」というような。

アマチュアというのは、なかなか倒せないではないですか。

それでプロになって倒したい意欲が出てきて、少し気持ちや体が前へ行ってしまうのです。

ですから、後ろにも下がれないし、そういうのは1回ありました。

ーーーそれは、どうやって乗り越えたのですか?

拳四朗:そのときは、アマチュア時代の動画を見て、やはり重心が少し違うなとなって、それで重心を後ろにしたら直りました。

ーーーそれは自分で解決したのですか?

拳四朗:そこからも2~3回ぐらい、それがあったのです。倒したら、なってしまいます。

ーーー相手を倒す魅力というのはどこにあるのですか?

拳四朗::スカッとします。

ーーープロとして、やはり倒して勝ちたいという思いがありますよね。

拳四朗:そうですね。でも、同じような事が2~3回あって。すぐ気付けるようになったのです。

「今の重心は前だな」というように、自分の体が理解できるようにはなりました。

駄目な所がスパーリング中でも分かるし、すぐ直せるようになりました。ですから、あまり悩むこともなくなりました。

ーーー自分の体を理解できるようになったという事ですね。

今、プロ何年目ですか?

拳四朗:4、5年ぐらいでしょうか。

ーーー4、5年で世界チャンピオンになって、6度防衛というのはすごいですよね。

世界チャンピオンになったのはプロ何年目ぐらいですか?

拳四朗:2年ぐらいですかね。

ーーー速いペースで出世して、既にベテランですよね。キャリアを持っていると言えるのではないでしょうか。

拳四朗:ありがたいですね。

写真提供 SUZUKI SATOSHI
写真提供 SUZUKI SATOSHI

プライベートの拳四朗

ーーー普段、オフの日はどう過ごしていますか?

拳四朗:友達とご飯に行ったり、買い物に行ったり、至って普通です。

ーーープライベートの時にボクシングの事を考えたりしますか?

拳四朗:全くないです。

ーーー全くないのですか。

拳四朗:ないです。

ーーー何か選手によりますね。選手達の話を聞いて、村田諒太選手などは、四六時中考えているような選手ですし。

拳四朗:すごいです。

ーーー僕も普段はあまり考えないようにしていますけど、やはり頭には入ってしまいますね。

拳四朗:練習のときは真剣にします。

ーーー今、彼女とかはいますか?

拳四朗:今いないです。募集中です。

ーーー好きなタイプはどんな人なのですか?

拳四朗:家庭的な人がいいですね。ご飯を作ってほしいです。

ーーーご飯を作ってもらいたい。

拳四朗:家事をやってほしいです。

僕はもうキャラクターです

ーーー練習はトレーナーさんと相談して決めるのですか?

拳四朗:ほぼ、トレーナーです。

ーーーでは、トレーナーの影響というのは、ものすごく大きいですね。

拳四朗:大きいです。スパーリング中も、言われたことをやるので。

最近、操作しているのはトレーナーなのかなと思います。僕はもうキャラクターです(笑)

ーーー面白いですね。キャラクターですか(笑)。

もう自我を消しているのですね。確か加藤トレーナーですよね?

拳四朗:そうです。

ーーーでは、トレーナーが操作しているわけですね。

拳四朗:最近そう思い始めました。

ーーーやはり、トレーナーとの相性というのは、ものすごく大事です。

ボクサーというのは、もちろん1人で戦いますが、トレーナーがきちんと自分のことを理解してくれて、

自分に合った戦略とか戦術を作ってくれないと厳しいですからね。

対抗王者について

ーーー国内ではライトフライ級は熱い階級ですよね。意識するライバルはいますか?

拳四朗:京口紘人選手ですね。

ーーー京口選手の試合も見に来ていましたよね。近い将来とか、やってみたいとか。

拳四朗:いずれ、あるのではないですか。

ーーー今戦うことが決まったら、どういうふうに戦いますか?

拳四朗:僕は変わらないです。スタイルを崩さず戦います。

ーーーアマチュアのときに、実際に試合をしたことはあるのですか。

拳四朗:あります。

ーーー戦績はどうでしたか?

拳四朗:1敗でしょうか。

ーーー1敗、何試合したのですか?

拳四朗:結構やりました、4~5回ぐらいやっています。

ーーーその中で1回だけ負けた。それでは、相性はいい感じですか?

拳四朗:その時と僕のスタイルが全く違うので、どうでしょう。

ーーー試合時間も違いますしね。アマだと3分3R、プロだと3分12ラウンドですから。

拳四朗:そうですね。アマだと打ち合うしかないというか。プロになってスタイルも変わったので、今のがやりやすいと思います。

ーーー先日、後楽園ホールでやった公開スパーリングは3分3ラウンドですか?

拳四朗:2ラウンドではないですか。

ーーー3分2ラウンドをやりましたと。お互いチャンピオン同士ということがありますけれども、そのときの手応えというのは、どうでしたか。

拳四朗:僕は自分の距離で行ったら勝てるな、というのはありました。

ーーー勝てるなと。

拳四朗:はい。

ーーー見出しに出ちゃうかもしれない(笑)。

拳四朗選手は今、WBC世界チャンピオンで、もうランキング1位を4ラウンドで倒してしまうくらいですからね。

はっきり言って、同じランキングの中では、相手はいないですよね。他の団体のチャンピオンというのは、誰がどこにいるか分かりますか。

拳四朗:顔は分からないですけれども、名前は分かります。

ーーーWBOがエルウィン・ソト選手、WBAがスーパー王者が京口選手と、レギュラー王者がカルロス・カニサレス、

IBFがフェリックス・アルバラードという選手なのですけれども、実際に京口選手以外は、試合を見たことのある選手はいますか?

拳四朗:日本で試合している選手は見ていると思います。

写真提供 FUKUDA NAOKI
写真提供 FUKUDA NAOKI

ベルトが4つ欲しい

ーーー何かやはり他団体の王者にチャレンジというか、ベルトを吸収して行きたいですか?

拳四朗:行きたいですね。4つ欲しい。

ーーー4つ欲しい。今、バンタム級では井上尚弥選手が出場している、WBSSというトーナメントをやっていますけれども、ライトフライ級であったらどうですか?

拳四朗:マジで出たいです。

ーーー拳四朗選手の戦うモチベーションは?

拳四朗:応援してくれる人がすごく喜んでくれる事。ベルトを皆んなの元に持って行ったら、本当にすごく喜んでくれるのです。

ですから、統一して、いろいろなものが欲しいと思うし。

あとはその祝勝会で、いっぱいおいしいものが食べられるし、いいではないですか。

あとは、キャーキャー言われたいです。

ーーーキャーキャー言われたい(笑)。

拳四朗:男だったら、皆んなあるのではないですか。

ーーーそうですよね。既にキャーキャー言われてないですか?

拳四朗:いや、まだまだです。

ーーーまだ足りないですか?

拳四朗:はい。原宿とかを歩いたら、パニックになりたいです(笑)。

今後の拳四朗

ーーー今後の目標は何でしょうか?

拳四朗:最初は、やはり具志堅さんの記録を抜くということです。

ーーー将来のこととか考えますか?

拳四朗:本当に名前は残して行きたいと思います。

ーーー名前を残して行きたい。やはりまだ足りないですか?

拳四朗:まだまだです。まだ半分も行ってないです。

ーーー長いですね、キャリアが。

拳四朗:それでも6回もあっという間でしたから。

ーーーそうですね、2年ぐらいでしたね。

トークショーでは、拳四朗のゆるふわな回答に何度もペースを持って行かれた。今までのボクサー像をいい意味で壊してくれた。

新しい時代を創る、チャンピオンの今後に注目していきたい。

写真提供 SATOSHI SUZUKI
写真提供 SATOSHI SUZUKI