V6王者の拳四朗 ボートレーサーからプロボクサーになった意外なきっかけ

写真提供 FUKUDA NAOKI

9月8日渋谷某所で、筆者(木村悠)と拳四朗(27=BMBジム)によるトークショーが行われた。

前回の記事はこちらから

拳四朗「気づいたら倒していた」KO勝ちの秘訣は自然体

拳四朗は2017年に世界タイトルを獲得し、これまで6度の防衛を誇る。

前回の7月に行われた防衛戦では、1位の最強挑戦者を相手に僅か4Rで試合を決めた。

最強王者として君臨している拳四朗に話を聞いた。

入場が好き

ーーーボクシングの好きなところは?

拳四朗:注目されたり、勝った瞬間の喜びとか、あと入場です。気持ち良くないですか。あんなにキャーキャー歓声を送ってもらえると。

ーーーだから、いつも笑っているのですね。

拳四朗:嬉しいですし、楽しんでいます。

ーーー試合をするとき、恐怖とかはないのですか?

拳四朗:勝てると思ってやっているので。怖いのは一発だけです。

ーーーそれでは試合の時もそれほど緊張しないのですか?

拳四朗:しています。

ーーーしていますか。けど、入場のときは楽しんでいる感じですか?

拳四朗:最初は緊張していましたが、回数を重ねるごとに楽しめるようになりました。

ーーーボクシングを好きなところを聞きましたが、逆に嫌なところはありますか?

拳四朗:減量が辛いです。あと、1人でやる練習は面白くないなと思います。

ーーー寂しがり屋と言いますか。

拳四朗:確かに。誰かに相手をしてもらえないと淋しいです。1人ではあまりやらないタイプなので。

写真提供 fukuda naoki
写真提供 fukuda naoki

減量は10キロくらい

ーーー減量はどれくらいしていますか?

拳四朗:10キロちょっとくらいです。

ーーー10キロちょっとですか。拳四朗選手のインスタグラムを見ると、ほぼ焼肉ですよね(笑)。

拳四朗:肉率は高いです。

ーーーいちばん好きな食べ物は?

拳四朗:焼肉です。

ーーー減量辛くないですか?

拳四朗:減量はずっと辛いので、むしろプロになってから楽になったと思います。

ーーーアマチュアは連戦ですからね。

拳四朗:しかも、アマチュアの時は知識がないから、水分だけを取っていました。

プロになってからは、カロリーなどを落とし、最後に水分で落とすというやり方に変えて楽になりました。

ーーー7月の試合が終わって2カ月ぐらいたちましたけど、試合のスケジュール等まだ決まってないのですか?

拳四朗:まだ全然分かりません。

ーーー年内にもう1試合ありますか?

拳四朗:多分あると思います。

練習でのポイント

ーーー練習のポイント、強くなるためのポイントはありますか?

拳四朗:何かを意識するのは大切です。練習で、「今日はものすごく足を使おう」というような。

ーーーテーマを持って練習をするということですか。

拳四朗:そうです。最近は、今までと少し違うスタイルもできたらなと思って、接近戦スタイルを挑戦してみたり新開拓もしています。

ーーー違うスタイルですか。

拳四朗:遠い距離だけでは、いずれ攻略してくる人も出てくるでしょう。その前に、接近戦を想定した練習も行なっています。

試合が近づいたら、いつものスタイルに戻すというような感じで、今は吸収できるものを吸収して、身体に慣れさせています。

ーーーボクシング以外のトレーニングや、特殊なトレーニングジムに通ったり等はしていますか?

拳四朗:そういうのはないです。

ーーー基本はロードワークとジムの練習ですか?

拳四朗:筋トレもやったりしますけど、それほどガッチリはやらないので。

ーーーそれは、ライトフライ級でやり続けるというので、あまり筋肉は増やさないという方針ですか?

拳四朗:そういうわけでもないです。全然好きでもないし。

ーーーそれでは、基本的に嫌いなことはやらないということですか?

拳四朗:トレーナーとマンツーマンでしたらやりますが、僕1人では駄目なのです。追い込まれないとできないタイプなので。

ーーー今のトレーナーは厳しいのですか?

拳四朗:ミットの時は追い込んでくれます。そのくらいでないと駄目です。

僕はサンドバックも1人では駄目なのです。時間が経つのがものすごく遅く感じます。

ーーー僕は1人でも楽しみながらやっていました。

拳四朗:駄目なのですよ。ミットをもっと一緒にやってほしいと思ってしまいます。

ーーー練習で一番重視するのはミットですか?

拳四朗:はい。スパーリングも好きです。

ーーーいろいろな選手とスパーリングをしていますよね。

確か、前回タコニン戦のときのスパーリングパートナーが、先日の世界戦でIBFのミニマム級チャンピオンになったんですよね。

拳四朗:はい。とても嬉しいです。

ーーーその選手はやはり強かったのですか?

拳四朗:強かったです。パンチも結構ありましたし、フィリピン選手スタイルの接近戦で打ち合います。

写真提供 SUZUKI SATOSHI
写真提供 SUZUKI SATOSHI

プロになった意外なきっかけ

ーーー今までで一番嬉しかったことは?

拳四朗:世界を獲ったときですね。

ーーー大学時代も国体で優勝をしていますよね。

拳四朗:はい。それも嬉しかったんですが、その時はボクサーになるというよりも、ボートレーサーになりたかったので。

ーーー何故ボートレーサーになりたかったのですか?

拳四朗:僕のいとこがボートレーサーをやっていて、ペアボートで一緒に乗せてもらったことがあるんです。

それでボートのスピード感に魅了されました。しかも給料もいいみたいなので。

ーーーギャラがいいのですね。

拳四朗:なので、そちらに行こうと思ったのですが、ボートレーサーになるための試験に2度落ちてしまいました。

ですが、ボクシングのプロで日本5位以内になったら、特別推薦というのをもらえたのです。

もう特別推薦をもらうしかないと思い、プロになりました。

そこから、すぐに日本5位以内になって、ここまで来たら日本チャンピオンにいこうかと。

ーーーそれでは、プロボクサーになったきっかけは、ボートレーサーになる為だったのですか?

拳四朗:そうです。特別推薦をもらうためです。

ーーーそうなのですね。「世界チャンピオンになるぞ!」と思ってプロボクサーになったわけではないのですね?

拳四朗:全然。

ーーー気付いたら、「じゃあ、ボクシングで」というような感じですか。

拳四朗:そうなのです。日本を取ったら、世界ランクに入るではないですか。

ーーーはい。

拳四朗:「いったんボクシングで行くか」というようになりました。

ーーーまだボートレースへの夢はありますか?

拳四朗:学校へ1年行かなければ駄目なのです。その学校がすごく厳しくて、今それについていけるかなと。

ーーーもう耐えられないのですね。

拳四朗:耐えられない自信があります。

ーーー自信があるのですね(笑)。

まだまだいけそうな気がする

今までのキャリアの中で、自分が変わったきっかけはありましたか?

拳四朗:アマチュアの時は、こなしていただけといいますか、大学もそれで入ってしまったし、辞められないではないですか。

取りあえずやり続けようと思い、やっていました。

ーーー何か少しゆるふわ系な感じですね。今はどうですか?

拳四朗:今はもう真剣です。

ーーーどの辺から真剣になったのですか?

拳四朗:東京で練習をするようになってからは、ボクシングの練習中に、「ああやったほうがいいかな」「こうやったほうがいいかな」

というように、考えるようになりました。

ーーー今はボクシングを楽しめるようになりましたか?

拳四朗:そうですね。自信も付いてきて、今は楽しくやっています。

ーーー今は東京を拠点としてやっていますが、それはかなり大きいということですね。

拳四朗:成長しました。そこまで知識を知らずにやっていました。

今はどんどん吸収できるというか、知らないことがまだものすごくあるなと思います。

ーーーそれはすごいですね。世界チャンピオンはゴールではないですが、ボクサーにとっては一番目立つところです。

まだまだ成長するという事でしょうか?

拳四朗:今はいろいろなものを吸収して、まだまだ行けそうな気がします。

画像