拳四朗「気づいたら倒していた」KO勝ちの秘訣は自然体

(写真:松尾/アフロスポーツ)

9月8日渋谷某所で、筆者(木村悠)と拳四朗(27=BMBジム)によるトークショーが行われた。

拳四朗は、7月12日に大阪で行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチにて、挑戦者のジョナサン・タコニン(比)を迎え、

4回TKO勝ちで6度目の防衛に成功した。

トークショーには80名が参加。拳四朗は拍手の中、お馴染みのピースサインで登場。

トークの中では、アニメ【北斗の拳】のような名ゼリフを連発して、会場を大いに盛り上げてくれた。

名は「拳四朗」

ーーーお馴染みのピースサインですね。

拳四朗:最初は本当に嬉しくて、やっていただけでした。

ーーーいつ頃からやっていたのですか?

拳四朗:世界戦ぐらいからですね。

ーーー拳四朗という名前はどういう由来で付けられたのですか?

拳四朗:僕のお父さんが『北斗の拳』が好きで、そこからです。

ーーーかなりインパクトがある名前ですよね。

拳四朗:ですから、プロでも「拳四朗」だけで行こうと。

ーーー名字は何ですか?

拳四朗:寺地です。

ーーーアマチュアのときは、「寺地拳四朗」ということですね。

拳四朗:そうです。アマチュアの頃は「寺地さん」と呼ばれていました。

ーーー「芸名ではないの?」とか言われたりしないですか。

拳四朗:よく言われます。その度に「本名です」と(笑)。

写真提供 SATOSHI SUZUKI
写真提供 SATOSHI SUZUKI

KO勝ちの秘訣

ーーー7月に大阪で行われた世界戦はどうでしたか?

拳四朗:1R目から思ったより相手が攻めて来たので少し焦りましたが、冷静に距離を取れたと思います。

ーーー試合前に立てた作戦はありましたか?

拳四朗:自分のスタイルで、いつもどおり距離を取って、ジャブを突いて、それでいつか右が当たれば倒せるだろうと。

それほど細かい作戦は、たてていませんでした。

ーーー拳四朗選手は世界タイトルを6度防衛し、4回はKO勝ちしていますよね。

KOのコツやタイミングは、どこで掴みましたか?

拳四朗:実はよく分からないです。この前の試合でも、KOしたのが分からなかったし、気付いたら倒している事も。

まだ掴めてないので、いつもそれを掴みたいと思っています。

ーーーコツやタイミングがまだ分からないと。

拳四朗:本当に流れで、自然と当たって倒しているという感じなので。

ーーー倒した感触とかはあるのですか?いい感じでパンチが入ったなとか?

拳四朗:全くないです。

ーーー気付いたら倒れていたと。

拳四朗:そうです。そのような事はないですか?

ーーー僕はあまりKO率は高くないので、すみません(笑)。

よくKOしている人に聞くと、何気ないパンチで倒していると聞きます。

ですから、倒そうと思ったパンチではなく、倒した後も気付かないでパンチを打つ、

返しのパンチを打っているというパターンが多いのだと思います。

拳四朗:倒そうと思うと倒れないものですよね。力んでいるから余計な力が入ってしまう。

だから、僕は倒さないでやろうと思ってやっています。

でも、距離がうまくなってきたので、一番いい距離で当たったら倒れるのかな、というのはあります。

ーーーなるほど。その後も結構パンチを打っている感じですか?

拳四朗:前回も気付いていないから、少しだけ打っていました。

ーーー相手はやはり強かったですか?

拳四朗:パンチもありましたし、強かったです。くっついたときの連打がやはり上手かったです。

写真提供 SATOSHI SUZUKI
写真提供 SATOSHI SUZUKI

拳四朗のスタイル

ーーー拳四朗選手は、どういうスタイルで戦っているのですか?

拳四朗:距離を意識して足を止めない、ジャブを出し続けるというのをしていたら、段々相手がバテてきて、

そこから右をどんどん出して、倒しに行くような感じです。

ーーー今までプロで16戦していますけど、その中で苦戦したのは?

拳四朗:世界戦の1回目と2回目は両方ギリギリの判定でした。

ーーーガニガン・ロペス戦とペドロ・ゲバラ戦ですね。

拳四朗:苦戦しました。その次から距離感を意識して、そこからは良くなってきました。

ーーー何か変わったきっかけはありましたか?

拳四朗:三迫ジムに行きはじめて、トレーナーと上手くいったのは大きいです。

ーーー今は、京都出身のお父さんがやっているBMBジム出身で、その世界戦の前後ぐらいから、東京を拠点に?

拳四朗:そうです。少しずつ行きだして、がっつりになったのは、多分3戦目のときぐらいです。

今は練習も、ほぼ東京でやっています。

試合の対策

ーーー拳四朗選手は、相手の対策を自分でするタイプですか?それともトレーナーに任せるタイプですか?

拳四朗:トレーナーです。僕は一切しません。

ーーー 一切ですか?

拳四朗:一切しません。動画も見ないので。

ーーー動画を見ないというのは大切ですよね。

僕も、山中慎介さんに「あまり動画を見すぎると、ギャップが生まれるので、その情報を入れすぎると、自分の動きができなくなる」

と言われました。

拳四朗:僕は何も変わらないのと、ただ興味ないからです。

ーーーもう自然体なのですよね。

拳四朗:好きで始めたわけではないから、ボクシングを観ようというのがあまりなくて。

ーーーボクシングを始めたきっかけは?

拳四朗:始めたのは、中学3年生の時ですね。

あまり勉強ができなくて、高校に行けないとなったときに、お父さんがボクサーだったので

「ボクシングで高校へ行くか」という話になって、ギリギリでボクシングを始めました。

何とか推薦をもらって、嫌々高校に入学できました。

ーーーなるほど(笑)。僕もいろいろなチャンピオンを取材していますが、ボクシングが好きでない人、練習が好きでない人は多いです。

それでは、高校から本格的にボクシングを始めたということですか?

拳四朗:そうです。

ーーー高校の時はどうでしたか?

拳四朗:最後のインターハイで、準優勝まで行きました。

ーーー井上尚弥選手とも対戦したと聞いたことがあります。

拳四朗:高校で2試合しました。

ーーー高校何年生のときですか。

拳四朗:多分、3年生の時です。インターハイと国体でしょうか。

ーーー年は井上選手が2歳下なので、1年生と3年生ということですかね?

拳四朗:そうです。

ーーー結果はどうでしたか?

拳四朗:どちらも負けました。相手は1年ではないですか。その時にはもう有名だったのです。

ーーー当時の井上選手の印象はどうでしたか?

拳四朗:その時、僕はそんなにボクシングに興味がなかったのですが、とても強かったのは覚えています。

続きはこちらから

V6王者の拳四朗 ボートレーサーからプロボクサーになった意外なきっかけ

写真提供 SATOSHI SUZUKI
写真提供 SATOSHI SUZUKI