ミドル級から7kgアップ カネロが2階級上のコバレフへ前代未聞の挑戦

(写真:Shutterstock/アフロ)

WBAスーパー、WBCフランチャイズミドル級王者のカネロ(サウル・アルバレス=メキシコ)が、階級を2階級上げて、WBO世界Lヘビー級王者のセルゲイ・コバレフ(ロシア)と対戦することが決まった。

試合は11月2日にアメリカのラスベガスのMGMグランドで行われる。

2階級上のコバレフへのチャレンジ

現役ボクサーの中でもっとも稼ぐボクサーと言われるカネロ。彼の次なる標的はコバレフとなった。

しかも、驚くことに2階級上げてのチャレンジとなる。

ボクシングは、最軽量級のミニマム級から最も重いヘビー級まで17の階級に分かれている。

カネロが主戦場とするミドル級は、154~160ポンド(69.8~72.5kg)。

今回挑戦するライトヘビー級は、168~175ポンド(76.2~79.3kg)となり、約7kgも重い計算になる。

ボクシングでは、ひとつ階級が変わるだけで、体格が一回り大きくなる。

また、パンチ力や耐久力など全てが変わるため、適正階級に合わせたスタイルチェンジが必要だ。

中量級の部類に入るミドル級で活躍しているカネロが、重量級のヘビー級ボクシングに対応できるかが鍵となるだろう。

カネロは昨年12月に、S・ミドル級160~168ポンド(72.575~76.204kg)で、ロッキー・フィールディング(英)に3回TKO勝ちで、3階級制覇を達成した。

今回の試合に勝利すれば、メキシコ人として史上4人目の4階級制覇王者となる。

しかも、ミドル級、スーパーミドル級のベルトを保持しているため、勝利すれば3階級同時制覇となる。

コバレフのスタイル

コバレフはロシア出身のボクサーで、元WBA・IBF・WBO世界ライトヘビー級統一王者、現在WBO世界ライトヘビー級王者だ。

これまで34勝(29KO)3敗1分の戦績を誇る。

クラッシャーの異名を持ち、KO率は8割を超えるハードパンチャーだ。

前回の8月に行われ試合では、無敗の挑戦者アンソニー・ヤード(英)を相手にTKO勝利し、今回のチャンスを掴んだ。

アマチュア時代にも200戦を超える実績があり、テクニックも兼ね備えている。

豊富なアマチュアキャリアを得てプロデビューしたが、そのキャリアは順風満帆とは言い難い。

プロデビューから3年間(プロ19試合目まで)は、無名で注目度も低く無報酬で戦っていた。

また、2011年にはリング渦(相手選手が試合後に死亡)も経験しドン底を味わう。

しかし、そこから立ち直りキャリアを積み重ね開花していった。

WBA、WBO、IBFの王座を獲得し、3団体の王座を統一した。

一時期はパウンド・フォー・パウンドランキング(全階級で誰が一番強いか)でも上位にランクインされていた。

年齢も36歳となり、最近はKOで負けも経験したが、実力者で怖い相手だ。

コバレフにとってはキャリア一番のビックマッチであり、全身全霊を懸けて試合に向かってくるだろう。

気になる両者の体格差

両者の体格差を比較すると、

カネロが175cm(リーチ179cm) に対して、

コバレフは183cm(リーチ184cm)となる。

先日行われた会見でも、頭一つコバレフが大きい。

会見では両者意気込みを語った。

カネロ「私のプロとしてのキャリアの中で最も難しい戦いになる。持っているベストを尽くす」

コバレフ「カネロは今のボクシング界で最高のファイターの一人。私は幸せで、興奮している」と話した。

スピードとスキルを活かしたカネロが、パワーがあるコバレフに対し、どのようなスタイルで戦うかに注目だ。

ミドル級のライバル達

カネロは主戦場としているミドル級で、WBAスーパー、WBC、IBFの3つのベルトを保持していた。

今回の試合を選択したことで、IBFの指名挑戦試合を破棄したため、IBFのベルトを剥奪された。

その王座をかけてミドル級の帝王と呼ばれたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が、

同級1位セルゲイ・デレフヤンチェンコ(ウクライナ)と10月5日に王座決定戦をおこなう。

ミドル級には他にも、WBO王者にデメトリアス・アンドラーデ(アメリカ)、WBCレギュラー王者のジャーモール・チャーロ(アメリカ)、

WBAレギュラー王者の村田諒太(33=帝拳)が君臨している。

その中で、もっとも関心を集めるカネロが誰と対戦するか、注目されていたが、予想外の展開となった。

昨年カネロは、DAZNと11試合で3億6500万ドル(約408億円)という大型契約を結んだ。

ボクシング界で、今最も稼ぐカネロと対戦を望む選手は多い。年末に向けて、ミドル級の勢力図が大きく動いていく。