新体制のアマチュアボクシング連盟 「選手ファースト」で東京五輪メダル獲得へ

写真提供 高尾啓介

2020年に開催される東京五輪まで、あと一年を切った。

ボクシング競技はIOCから組織運営が問題視され開催が危ぶまれたが、今年6月に東京五輪での開催が正式決定した。

昨年夏の山根会長の辞任から、新体制となったアマチュアボクシングだが、どのように変わったのか。

五輪でのメダル獲得に向けて、連盟の菊池浩吉 副会長に話を聞いた。

オリンピックに向けてのスケジュール

今回のオリンピックでは男子8階級(フライ級~スーパーヘビー級)、女子5階級(フライ級~ミドル級)で実施される。

選手枠は286名で、前回のリオデジャネイロ五輪より男子階級が2つ減り、女子階級が2つ増えた。

日本は男子4階級、女子2階級の開催国枠がある。

残る男子4階級と女子3階級でオリンピックに出場するには、男子は9月にロシアで行われる世界選手権でメダル獲得か、11月に行われる全日本選手権で勝ち抜くことが必要だ。

世界選手権の上位入賞者と全日本選手権の優勝者が異なる場合は、12月にボックス・オフ(代表決定戦)を実施する。

女子は、10月に行われる世界選手権の代表と全日本女子選手権の優勝者で、12月にボックス・オフ(代表決定戦)を実施する。

また、来年の1月に行われるアジア・オセアニア予選及び、5月に行われる最終世界予選にて五輪出場枠を獲得した選手を、代表選手として決定する。

東京五輪では、全階級での出場を目指して、枠を取りに行く。

日本人選手の出場枠は各階級1つとなるため、五輪切符を巡り、ライバルとの激烈な争いが待っている。

昨年末に山根明会長が辞任して、アマチュアボクシング連盟の体制も大きく変わった。

以前はトップダウンだったが、今は現場の指導者の意見も積極的に取り入れている。

皆で話し合い、選手の体調管理を優先して、国内のスケジュールを決めているようだ。「選手ファースト」で改革が進められている。

菊池副会長 スタッフ撮影
菊池副会長 スタッフ撮影

ウズベキスタンのコーチ

昨年より、ウズベキスタンから海外コーチを招集し体制を強化した。

ウズベキスタンは、リオデジャネイロ五輪で金メダル3個を含む、9個のメダルを獲得したアマチュアボクシング大国だ。

その立役者となったのが、ウラジミール・シン氏だ。シン氏はライトヘビー級のソ連王者、世界選手権銅メダル獲得の実績を持つ。

菊池氏も「影響力は、もの凄く大きい」と話していた。

一番大きい部分は日本人のマインドを変えたことのようだ。

世界トップクラスの指導者のお陰で、日本人選手全体の意識改革に繋がっている。

トレーニングの面では、追い込み型で限界を超えるトレーニングから、非常に細かい調整、体の使い方など、

これまでにない指導を行い、選手達もレベルアップしているようだ。

プロ選手の参加

今回の東京五輪からプロ選手の参加も認められている。

(プロ競技との同時進行は不可。プロボクシング及びプロ格闘技の引退証明が必要となる)

予選大会には、元世界主要4団体ミニマム級王者の高山勝成(36=名古屋産大)も出場した。

だが、今月行われた東海地区予選で敗退し、五輪への夢は敗れた。

プロボクシングと混合されるアマチュアボクシングだが、ルールが大きく異なるため、プロの世界王者でも勝ち抜くのは難しい。

菊池氏は「プロとアマは、中距離走と短距離走ぐらい違う。全然別の競技」と話した。

著者もアマチュアとプロで経験があるが、採点のルールや、試合のテンポ、勝ち抜けるスタイルなどの違いに苦労した。

プロのチャンピオンクラスでも、実践のスパーリングでは、大学生に手を焼くことも多いほどだ。

連盟としては、プロのボクシング協会と協議を重ね、ボクシングを盛り上げる体制を目指している。

以前はアマチュアとプロの間に大きな溝があったが、協力体制が進み、ジュニア育成も含めて連携している。

東京五輪に向けて

アマチュアボクサーにとって、オリンピックの舞台は最終ゴールとも言えるだろう。

現在プロで活躍している3階級王者の井上尚弥(26=大橋)や、4階級王者の井岡一翔(30=Reason大貴)も予選で敗退し、夢破れている。

プロの世界王者でもオリンピックに出場するのは難しい。

国内の代表選考はこれからだが、菊池氏の選手への期待は非常に大きい。

メダルの可能性を聞くと「男子は金と銀か銅の複数メダル、女子は金メダル獲得」と目標を高く掲げている。

東京五輪に向けては「日本の皆さんの期待に応えたい。これを機に継続してボクシングを発展させたい」と話した。

年々、ボクシング人口は緩やかに減少している。ボクシング競技の存続と発展のために、東京五輪は絶好の機会となるだろう。

「メディアと連携し、選手をもっとPRして、応援したくなる連盟になっていきたい」と抱負を語った。

一時は東京五輪でボクシング競技が除外される話もあったが、開催が決まり安堵している。

私も過去に、アマチュアボクサーとしてオリンピックを目指している時期があった。

選手にとってオリンピックは夢の舞台だ。また、東京で行われるチャンスは2度と来ないかもしれない。

新しく生まれ変わった日本アマチュアボクシング界の躍進と、日本人選手の活躍に期待したい。

画像