井上尚弥・拓真が兄弟ダブル世界戦 過去最強の相手と激突

FUKUDA NAOKI 全て提供 

11月7日さいたまスーパーアリーナで行われる、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)のバンタム級決勝戦で、井上尚弥(26=大橋)とノニト・ドネア(フィリピン)が対戦する。

また同日には、井上尚弥の弟でWBC暫定王者の井上拓真(23=大橋)が正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(フランス)と王座統一戦に臨むことが正式発表された。

3選手は26日、東京都内で記者会見を行った。

5階級王者のノニト・ドネア来日

記者会見には、ドネアも来日し試合に向けての意気込みを語った。

「今のノニト・ドネアができているのは、日本のサムライや、武士道の考えにも影響している。そういう日本で、井上尚弥という素晴らしいボクサーと対戦できることに興奮している」

親日家で度々日本を訪れているドネアにとって、日本は特別な地である。

ドネアはここまで5階級を制覇したレジェンドだ。

このトーナメントのために、フェザー級から2階級を落として今回のトーナメントに参戦してきた。並々ならぬ覚悟がある。

「年齢もあり、私の力を疑う声もあるが、それが間違いであることを見せたい。11月は自分のためではなく、

ファンのため、日本のため、世界のファンのために戦う」と語った。

トーナメントでは、初戦のバーネットが試合中の怪我で棄権。準決勝では、優勝候補のゾラニ・テテ(南アフリカ)が、肩の怪我で離脱。

代役のステフォン・ヤング(米)にTKO勝ちで決勝まで駒を進めてきた。

一発で倒す左フックを武器は脅威だ。キャリアもあり侮れない相手だ。

画像

井上尚弥とドネア

井上尚弥にとって、ドネアは特別な存在のようだ。

「WBSSが決まったとき、一番やりたかった選手。これまでのキャリアで最高の試合、自分のすべてを出しきって、アリトロフィーをゲットしたい」と語った。

ドネアと尚弥は以前から面識があるようだ。

尚弥が2階級制覇を懸けて戦ったオマール・ナルバエス(アルゼンチン)戦前に、対戦経験があったドネアが直々にジムを訪れてアドバイスした。

ナルバエス対策を、実践を交えた対策を熱心に伝え、尚弥に多くのヒントを与えたようだ。

その甲斐あってか、尚弥はナルバエスを2回KO勝ちで、世界に衝撃を与えた。

海外の強豪を相手にインパクトがある勝ち方をして、この試合を機にステップアップしていった。

尚弥の強さは何と言っても、攻撃の爆発力だ。今回は、お互いパンチ力があるのでKO必至の激戦となりそうだ。

画像

井上拓真は王座統一戦

井上の弟・拓真は、昨年末に暫定王座決定戦で勝利してこの王座を獲得した。

この階級には正規王座にノルディーヌ・ウバーリがおり、王座統一戦となる。

正規王者のウバーリは、ここまで16勝(12KO)無敗の戦績を誇る。

アマチュア経験も豊富で、北京とロンドンの五輪代表。世界選手権では銅メダルの実績がある。

技巧派でサウスポースタイルのボクサーだ。

拓真は「好戦的で技術もあり、ハートの強さもあり、過去最強の相手だと思う」

「前から目標としていた兄弟でダブル世界戦ということで、いままで以上に楽しみもあるし、負けられない戦いになる」と話した。

尚弥も「弟と同じ興行は久々で、ダブル世界戦だと自分の試合より緊張する。弟の試合が前にあるのは、いてもたってもいられないし、複雑な気持ちです。拓真を信じて、自分も戦いたいです」

と兄弟での勝利を目指す。偉大な兄を持つ拓真だが、そのボクシングスタイルは堅実だ。

兄とはスタイルは違うが、強豪相手に勝ちきってきた実力がある。今回の試合がキャリア一番の大勝負となる。

画像

乱立するバンタム級

バンタム級は以下の王者が君臨している。

WBA スーパー ノニト・ドネア 

WBA レギュラー&IBF  井上尚弥

WBC 正規 ノルディーヌ・ウバーリ

WBC 暫定 井上拓真

WBO 正規 ゾラニ・テテ(南アフリカ)

WBO 暫定 ジョンリル・カシメロ(フィリピン)

今回の試合で、6名いる王者が4名になる。

そこからどのような展開になるかは不明だが、今回の試合を機に大きく動いていくだろう。

この階級最強と呼ばれる、尚弥への対戦表明は後を絶たない。王座統一に向けての、熱い戦いが繰り広げられていく。

バンタム級最強の称号を掛けた戦いから、目が離せない。

試合の模様は、フジテレビで生放送される。日本史上最大規模の舞台の幕開けだ。

画像