亀田和毅「これだけ練習したのは初めて」過去最高の状態でバルガスと統一戦

写真 全て本人提供

7月13日(日本時間14日)アメリカのディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークで、

WBCスーパーバンタム級暫定王者の亀田和毅(27=協栄ジム)と、正規王者レイ・バルガス(28=メキシコ)の王座統一戦が行われる。

アマチュア時代に敗戦したバルガスとプロで激突する。試合が決まったタイミングで、和毅に単独インタビューを行った。

新しいトレーニング

ーーー前回の試合から、「フィジカルトレーニングを取り入れた」と言っていましたが、どうですか?

亀田:すごくいい感じです。3月から神戸でやって、今2カ月ぐらいですが、毎日成長しています。気持ちが非常に強くなりました。

ーーーそれはトレーニングがきついからですか?

亀田:トレーニングの内容ですね。

人は限界を自分で決めていますよね。それがみんな低くて、まだまだ出来るのに「ああ、もうしんどい、やめよう。」と、自分でブレーキをかけている。

俺も低かったんですが、トレーナーが、「まだまだ。これでは低すぎる」と。

だから、少しずつ限界値を上げていければ、レベルが上がっていき、成長していきます。

3月の動画を見ると、今とは、比べ物にならないです。

ーーー自信になりましたか?

亀田:はい。メニューも10倍ぐらいのものをやっているので。

レイ・バルガスが、ここまでやっているかというと、絶対にこれ以上はやっていないと思います。

今、27歳ですけど、これだけ練習したのは初めてです。

ーーー限界を引き出してくれるトレーナーは、素晴らしいですね。

亀田:はい。限界まで追い込んで、きちんとケアもして、そのバランスをきちんとしてくれています。

ーーーとても信頼しているんですね。

亀田:はい。トレーナーのおかげです。

合宿でのトレーニング

ーーー今回の合宿はどうでしたか?

亀田:非常にきつかったです。普通に走るだけではないので。

今までだったら、100メートルダッシュ、200メートルダッシュ、長距離を走るなどでしたが、今回はメニューが全然違います。

例えば、200メートルダッシュを走るのも、はじめは50%で走って、そこからマックスで走って、スクワットを50回やって、そこからもう一回ダッシュをする。

インターバルなしで、それを20本やったり、スクワットから短い距離のダッシュや、そこからロングをしたりなど。

ーーー科学的なトレーニングというか、かなり考えて作られていますね。

亀田:そうですね。科学的トレーニングですけど、そこに、根性論も入っています。

ーーーきついトレーニングは、自信になりますよね。

亀田:はい。

ーーー和毅選手はすごくストイックなので、トレーニングはきついのが好きそうですけど。

亀田:練習は昔から好きで、ボクシング人生は短いから、できるのであれば、全てボクシングに集中したいです。

ーーーケアにも、人一倍気を使っていると聞きました。

亀田:そうですね。毎朝、1時間はストレッチをしています。

ーーーそれはすごいです。他の選手に話したら、みんな驚きますよ。

亀田:ストレッチをすると、怪我も少なくなるし、体の回復力が全然違います。

ーーーボクサーは、練習やケア、食事も、人任せにしてしまう人が多いと思います。ですが、自分でコントロールしていくことが重要ですね。

亀田:そうですね。自分できちんとコントロールできない選手は、トップにいけないと思います。

全部一人で、できるぐらいにしておかないと。

画像

亀田一家のプレッシャー

ーーーそういう意識になったきっかけは、何かありましたか?お父さんの教えということですか?

亀田:それはあるかもしれません。

小さい時から、3兄弟でずっとやってきて、やらなければいけない環境いたので、自然にそうなったのかもしれません。

ーーー兄弟について聞きたいのですが、それぞれ性格などは違いますか?

亀田:全然違います。

ーーーどう違いますか?

亀田:大ちゃんは、あまり何も考えていないというか。練習も、「まあ、いいわ、今日はやめておこう」という感じです。

試合が決まっても、相手のビデオを見ないですし。全然気にしないです。

ーーー心臓が強いですね。

亀田:あまり、考えていないのかなと思います。海外の選手は、そういうタイプが多いですね。お兄ちゃん(興毅)は、結構マメです。

ーーーみんな世界チャンピオンになって、しかも今回はアメリカでの試合。それについて、家族から何かエールとかはありましたか?

亀田:そうですね。みんな、「今回は一番重要な試合だから、勝て。勝ったら一気にお前の評価が上がるよ。頑張れよ」と。

ーーー家族の期待を背負っている感じですが、プレッシャーはありますか?

亀田:そういうのは全然、今はないです。

ーーー昔はそういうプレッシャーはありましたか?

亀田:昔はありましたね。特にチャンピオンになる時は。

ーーー兄弟2人とも、チャンピオンになっていますからね。

亀田:はい。2人がチャンピオンになって、「一番下が一番強い、あいつは絶対になるよ!」と。

みんな見ていないのに、「なるよ!」と言われて、結構プレッシャーもありました。

ーーー確かに。そういう雰囲気がありましたね。

亀田:フィリピンでやったナミビアの選手も、全勝の選手で、「こんなやつは勝つやろ。余裕、余裕」という感じで。

画像

他の日本人選手について

ーーーボクサーとして、今後に向けて考えたりしますか?

亀田:もちろん。どこまでに引退したい、ここまでいきたい、というプランは、全部考えています。

その通りいくかは分かりませんが、今すべきことを少しずつやっています。

ーーー最終的なゴールは設定していますか?

亀田:世界で、認めてもらえるような選手になりたいです。

2階級制覇、3階級制覇などではなく、これからボクシングをやる子供達が、

「和毅はかっこよかったな、強かったな!」「和毅のようになりたいな!」と、俺のビデオで勉強してもらえるような、そういう選手になりたいです。

ーーー国内で意識するライバルはいますか?

スーパーバンタムというと、小國以載選手、岩佐亮佑選手、和氣慎吾選手、勅使河原弘晶選手など、結構豊富に選手がいますよね。

スーパーバンタムは国内の中では、一番盛り上がっている、いい階級だとは思います。他の日本人選手に対しての意識はありますか。

亀田:ランキングで15位以下の選手は、ほとんど見ていないです。見ているのは、その上の上なので。

今回の試合に向けて

ーーー今回、SNSで和毅選手へ質問したいことを募集しました。

その中で「バルガス戦の見据える先は、井上尚弥選手との対戦ですか?」との質問がありましたが、どうですか?

亀田:まず、階級が違うので、今後やるかどうか、まだ全然分かりませんね。

ーーー巡り合わせというのもありますからね。

亀田:そうですね。この次、本当にやるんだったら、試合も観に行きますけど。

ーーー最後に、今回の試合について、意気込みなどはありますか。

亀田:アマチュアで負けている相手なので、プロでリベンジします。2連敗したら恥ずかしいです。以前、マクドネルに2連敗していますから。

ーーーその時からは変わったぞと。

亀田:はい。アメリカのファンにも「戻ってきたぞ!」というのを見せたいです。

ーーーいいですね。アメリカはメキシコの選手も多いですし。

亀田:多いです。お客さんも、8割がメキシコ人です。

メキシコでも結構ファンがいるので、お客さんはいい感じになるのではないでしょうか。

バルガスもメキシコ人で、多くのファンがいるので、日本人のファンとメキシコ人のファンで、会場も盛り上がると思います。

ーーー僕も、今から楽しみにしています。今日はありがとうございました。

いよいよ本日決戦だ。

試合直前の和毅のインタビューでは、

「今回は完璧のコンディションに仕上がりました。最高の状態です。

自分の今までのボクシングの集大成の試合。最高の試合をして必ず勝ちます。」と頼もしい声が聞けた。

亀田和毅の試合はDAZNで、試合時間は14日(日)の10時から生中継される。

画像