日本史上初の快挙 井上尚弥が世界最強ランキング2位に昇格

(写真:ロイター/アフロ)

7月のアメリカボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」で、最新のパウンド・フォー・パウンドランキング(PFP)が発表され、WBA&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋ジム)が、2位に昇格した。

3階級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を抜いて、ランクアップとなった。

PFP(最強)ランキング

PFPランキングとは、ボクシングの全階級の中で、最も強い選手をランキング形式で表したものだ。

過去には、モハメド・アリやマイク・タイソン、マニー・パッキャオ、フロイド・メイウェザーなど、

ボクシング界のレジェンドがトップに君臨している。

今回発表されたランキングTOP5は、以下の選手だ。

1位 テレンス・クロフォード(アメリカ)

2位 井上尚弥(日本)

3位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

4位 サウル・アルバレス(メキシコ)

5位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

井上は、アジア勢で唯一のTOP5にランクインした。世界的にも、注目度と評価が高まっている。

また、このランキングに入るには、以下のような基準がある。

・強い相手と対戦している

・勝ち方が優れている

・世界タイトルを獲得している

・複数階級のタイトルを獲得している

・長期にわたり活躍している

など

階級を上げて力強さが増した

井上は階級を上げてから、評価が高い王者を相手に、圧倒的な強さで勝ち上がってきた。

昨年5月に行われた、WBAバンタム級タイトルマッチでは、王者ジェイミー・マクドネル(イギリス)からダウンを奪い、1RKO勝ち。

また、初防衛戦のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦では、試合開始後、わずか1分で相手をマットに沈めた。

そして、WBSS準決勝で、無敗の王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を相手に、2R目でKOし勝利を収めた。

フライ級からバンタム級に階級を上げて、破壊力も増し、手がつけられない強さになった。

井上の強みは、鋭い踏み込みを活かしたパンチにある。

スパーリングで、彼のパンチを受けたボクサーは、「あまりの破壊力に、ガードの上からでもパンチが効いて脚にきた」と話していた。

加えて、ディフェンス、コンビネーションの多彩さなど、総合的に優れている。

また、過去に井上と対戦した田口良一は、「同じボクサーとして、意識してはいけない。別次元の存在」と語っていた。

世界王者クラスのボクサーからも、高い評価を得ている。

ノニト・ドネアとの対戦

井上の次戦は、現在開催されているWBSSトーナメントの決勝戦となる。相手は5階級王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)だ。

ドネアは、一発で相手を倒すパンチを持っている。今回の試合のために階級を落とし、決勝戦まで勝ち上がってきた。

年齢を重ねキャリアも終盤に差し掛かっているドネアだが、前の試合ではステフォン・ヤングを6RKOで退けている。

ドネアは、自身の選手生命を懸けて今回の試合に臨むだろう。簡単な試合には、ならないと予想される。

この強敵相手に、よい勝ち方をすれば、PFPランキング1位も夢ではない。

そのため、井上にとって次の試合は、非常に重要で意味のある試合になる。

海外での活躍

井上は、アメリカの大手ボクシングプロモーション会社のトップランク社から、熱烈なオファーを受けている。

マニー・パッキャオやワシル・ロマチェンコを世界に売り出した手腕は、大きなバックアップになる。

他にも、井上を獲得したいプロモーターは多いようで、WBSS後は、井上の争奪戦が予想される。

ラスベガスや、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンなど、ボクシングの聖地でメインをはる日も近いだろう。

近年、日本人選手は、大きな進化を遂げている。その中心となっているのは、井上尚弥だ。

彼の存在が、国内の選手への刺激になっている。

日本のボクシング界に、金字塔を打ち建て続ける井上から目が離せない。