亀田との対戦でみせた天心の「持って生まれた3つの才能」とは

写真提供全て Satoshi Suzuki

キックボクシングの世界王者の那須川天心(20)と、ボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅(32)が、AbemaTVスペシャルマッチで対戦した。

天心は元世界王者の亀田を相手に、ボクシングでも高い実力を示した。

この試合でみせた天心の、

「持って生まれた3つの才能」について解説する。

絶妙な距離感

まず、天心の優れている点は「距離感」だ。試合では自分のパンチが当たる距離と、パンチをもらわない距離がある。

相手とのリーチや身長などで、パンチの当たる距離は変わる。そのため、いかに自分の間合いで戦うかがポイントになる。

今回の亀田戦では、天心が絶妙な距離感で、主導権を握っていた。

序盤に亀田の手数が少なかったのも、天心がいるポジションが絶妙だったからだ。

自分のパンチは届き、相手のパンチが届かないポジションを瞬時に把握していた。

亀田もトップボクサーなので、その辺りは熟知しているが、対峙してみて、思った以上にやりづらさを感じただろう。

試合後に、亀田も「自分のペースを崩さない。距離感がうまい」と話していた。

こればかりは持って生まれた才能で、トップクラスの選手が感覚として持っているものだ。

画像

パンチを打つタイミング

また、「当て感」も素晴らしい。天心の攻撃を見ていると、その場のインスピレーションでパンチを打っている。

決まったコンビネーションを打っているのではなく、状況判断能力が恐ろしく早い。

そのため、空いている急所を瞬時に判断して、そこにパンチを打ち込むことができる。

ボクシングは、必ずしも強いパンチで倒れる訳ではない。

顔やボディに、いいタイミングでパンチをもらうと倒れてしまう。

ボクサーでいうと、現役最強と言われるロマチェンコも、強いパンチではなくタイミングで倒している。

天心はそのロマチェンコなどのトップボクサーが持つ、天性の当て勘を持っている。

また、打つ時のモーションもなく、非常に分かりづらいタイミングでパンチを打つ。

パンチを見極めるディフェンス

パンチをもらわない「ディフェンス」にも優れている。

ボクシングでは、ガード、フットワーク、ボディワークの3つでパンチを避ける。天心は、3つともレベルが高い。

亀田戦では、素早いステップワークとボディワークで、クリーンヒットをもらわなかった。

体も柔らかいので、寸前のところで見切り、避けていた。ボクサーや格闘家にとって、パンチをもらわない技術は非常に重要だ。

打たれ強さは、鍛えることができない。どんなに打たれ強くても、倒れグセがつくとダウンしやすくなる。

また、筋肉痛や疲労は休めば取れるが、体に残ったダメージは蓄積する。

長く格闘技をやるためにも、極力パンチをもらわない技術は不可欠だ。今回の試合でも絶妙な間合いで戦い、亀田の突進をいなしていた。

画像

大きな注目を集めた

今回の試合だけでは、ボクシングの実力は判断できない部分もある。

長いラウンドになった時の耐久力やスタミナ、ピンチになった時の対応力など、試されていない場面もある。

ただ、この若さで、ここまでの能力の高さには驚きだ。まだまだ完成されてはいないが、その分伸び代もある。

試合後には、ゲスト陣からボクシングへの熱烈な誘いを受けていた。

しかし、本人は、まだボクシングへの転向は考えてはいないようだ。

その一番の理由として、「キックボクシングをもっと盛り上げていきたい」

「キックボクシングを盛り上げてる最中で、今抜けるべきではない」と語っていた。

天心は現在の格闘技界で、中心的な存在だ。試合のチケットも彼が出場すると入手困難になる。

そんな彼が抜けるのは、格闘技界にも大きな影響を与える。

また、「欲を言えば両方やりたい、両方現役で両方のベルトを持ちながら戦いたい」と話していた。

日本では、ボクシングとキックボクシングの二刀流は認められていない。

そのため、海外でライセンスを取ることも視野に入れているようだ。

「人と同じ道は歩きたくないし、同じことをやっていても仕方がない」と語った。

賛否両論のあった企画だったが、結果として、たくさんの注目を集め、格闘技を知ってもらうきっかけとなり話題になった。

弱冠20歳の若者が、大きなプレッシャーを受けながらも、格闘技界を盛り上げたい一心でチャレンジしていく姿は素晴らしい。

彼の姿から勇気をもらった人も多いはずだ。天心の挑戦は、まだまだ続いていく。

画像