内藤大助が語る井岡一翔の強さ「もっとも戦いたくない相手」その理由とは

全てスタッフ撮影

6/19(水)に千葉幕張メッセで、ボクシングの世界戦が行われる。井岡一翔(30)は日本人初の4階級制覇を目指し、2階級制覇王者の京口紘人(25)は初防衛に挑む。

この試合の解説を行う、元WBC世界フライ級王者の内藤大助氏に試合の見所を聞いた。

複数階級の凄さついて

井岡は、ミニマム級から階級を上げて、ライトフライ級、フライ級と3階級を制覇してきた。

内藤氏は、「2階級だけでも物凄い。はっきり言って、簡単にできることではない」と語った。

ボクシングは、階級制のスポーツで、一番下のミニマム級(47.6kg)から無差別級のヘビー級(90.7kg以上)まで、17の階級に分かれる。

井岡の現在の階級スーパフライ級は、52.1kgになるため、5キロ近くウエイトを上げてきた計算になる。

ボクシングは一つ階級が変わるだけで、相手の体格が一回り大きくなり、階級に合わせた戦い方が必要になる。

アジアでも4階級制覇したのは、マニー・パッキャオ、ノニト・ドネア、ドニー・ニエテスの3名しかいない。

井岡が今回の試合に勝つと、その偉大なチャンピオン達と肩を並べることになる。

内藤大助が語る井岡一翔の強さ

今回、内藤氏が、井岡の過去の試合を見ながら、彼の強さについて語ってくれた。

解説してもらった試合は、2016年の7月に行われた、WBA世界フライ級タイトルマッチの防衛戦となった、キービン・ララ(ニカラグア)戦。

2016年の12月に行われた、スタンプ・キャットニワット(タイ)戦。

そして、初めて世界戦に挑んだ、2011年2月に行われた、WBC世界ミニマム級タイトルマッチのオーレイドン・シスサマーチャイ(タイ)戦の3試合だ。

内藤氏は、井岡について「俺が、もっとも戦いたくない相手」と語った。

その理由を、「無理をしないで、着実にポイントを積み重ね、同じペースで戦い続ける。精密機械のようだ」と話していた。

井岡は、攻防のバランスに優れ、決して無理をしない。試合中になると、余計な感情を消し、人間らしさがなくなる。

疲れた時や攻撃を受けたときに表情に出てしまうものだが、それがないのだ。

相手にとって、表情が変わらないということは感情が読み取れないので、非常に戦いにくい。

セコンドからしたら、余計なパンチをもらわずに着実にポイントを重ねていくので、見ていて安心できる選手だ。

画像

井岡のボクシングスタイル

また井岡は、攻撃のバリエーションも多彩で、タイトルを獲ったオーレイドン戦では、ボディ一撃でKOに結びつけた。

井岡の戦績を見ると、25戦23勝 (13KO) 2敗とKO率は約60%と、体重が軽い軽量級にしてはKO率は高い。

パンチを当てるタイミングが非常にうまく、一撃でのダウンを奪うキレの良さも持ち合わせている。

また、決してパワーがあるタイプではないが、コツコツダメージを蓄積させて、KOに結びつける技術にも優れている。

内藤氏も「石橋を叩いて渡るタイプなので、隙がない」と話した。

「警戒心が強いので、不用意なパンチも貰わずに、崩すのが難しい」と自分が対戦するのを想定して話してくれた。

しかし、今回の試合については、「相手のパリクテが非常に攻撃的で強い選手なので、厳しい戦いになる」

「そう簡単に勝てる相手ではない。相手はアウェイなので、どんどん前に出てくるのでは」と予想した。

イメージでは長身で前に出てくるパリクテに対して、井岡がどう迎え撃つかが見所だ。

王者としての強さが見たい

また、京口戦の見所についても話を聞いた。今回の試合は京口の方がキャリアがあるため、京口が、「どうKOするか」に注目をしているようだ。

京口のボクシングについては、「ガードがうまく、上下への打ち分けが多彩で、フェイントから攻撃の繋ぎがうまい」

また、「アッパーも非常に優れているので、試合ではそのパンチがキーポイントになる」と話した。

京口が、相手にキャリアの違いを見せて、先日の井上尚弥のような、相手を圧倒する試合を期待したい。

会見でも話していたが、「必ず、KOで勝つ」と頼もしい声が聞けた。

ボクシング観戦も新しい時代へ

今回の試合のメインイベント、井岡一翔の試合は、夜9時からTBSで放送される。

また、セミファイナルの京口紘人、女子世界戦の吉田実代選手の試合は、動画配信サービスParavi(パラビ)で独占LIVE配信される。

内藤氏へのインタビューも、『井岡一翔戦』『京口紘人戦』をより楽しむためのコンテンツとして同番組で配信される。

「多くの方に試合をより楽しんでもらいたい」という思いから、今回の「内藤大助の世界戦観るならココに注目」企画を立ち上げたようだ。

今まで、会場に足を運ばないと観れなかった試合も、今ではスマホで、どこでも観戦できる時代になった。

家にいなくても、手軽に試合が観れるのはファンとしては嬉しい。特にスポーツは、テレビ放送に加え、動画配信サービスが多くなった。

ボクシングを知ってもらう取り組みとして、現代ならではの様々な配信方法や、新しい企画で、ボクシングが盛り上がっていくことに期待したい。

画像