那須川天心 亀田興毅との対戦に「ワクワクが止まらない チャンスがあればKOを狙う」

全てスタッフ撮影

キックボクシング界の神童那須川天心(20)と、ボクシング元世界3階級制覇王者亀田興毅(32)が、ボクシングルールで対戦する。

この試合は、6月22日(土)AbemaTVの3周年記念番組「1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心VS亀田興毅」で、生放送される。

以前から親交がある筆者が、天心に独占インタビューを行った。

試合や取材、メディア出演と多忙なスケジュールの中、AbemaTVのスタジオで今回の企画への想いを聞かせてくれた。

亀田への印象

今回の試合が決まった経緯は、前回の「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」企画を観た亀田が、

自身のSNSを通じて、「俺が天心選手とやってたらよかったな」と投稿。

それに対し、AbemaTVが両者にオファー、承諾したことにより実現した。

亀田の投稿に対して、天心は「自分に対して興味を持ってくれた事や、チャレンジに嬉しかった」と笑顔で話していた。

過去に、天心は「亀田興毅に勝ったら1000万円」企画に応募していた。しかし、年齢制限で出場を断念。そこから、2年の月日が経ち、この対戦が実現した。

先日行われた会見で、亀田と初めて会った印象を「思った以上に小さく、体格は同じくらい」と語った。

天心は、フェザー級で戦っているが、本来はその下の階級で戦いたいようだ。だが、相手がいない。なので、階級をフェザー級に上げて戦っている。

画像

試合までの調整

調整は、これからボクシングジムに通って進めていく。亀田対策として、

「アゴは強くないと思うので、スピードと距離感を活かす」「ディフェンスがうまく、ガードが固いので、それをどう崩していくか」

この2つがポイントになると話した。

今回の挑戦は、あくまで亀田が天心に挑戦する立場だ。だが、天心は「相手の方が経験値が上。自分がチャレンジする」と語った。

今までにないワクワクで、自分のレベルが試せることが楽しみのようだ。

今回は試合までの期間が短いので、新たに取り入れるトレーニングはない。

亀田を想定した、サウスポーの選手と、実戦練習をメインに調整を行なっていく。

「チャンスがあればKOを狙う」と頼もしい声も聞かれた。

すごく楽しみな試合

天心は、この試合に対して、「自分の技術が、どこまで通じるか楽しみ」と話していた。

キックボクサーとしてリングに立ち、取材にメディア出演と多忙な日々を送る。そんな彼に、今回の企画に対する想いを聞いた。

「格闘技を知ってもらうきっかけになりたい」

今回の試合もそうだが、日々、様々なことにチャレンジしている。企画が発表された時も、大きな反響があったようだ。

新しいことにチャレンジすることで、人から注目される。プレッシャーも大きいだろう。

だが、チャレンジすることで、自分が強くなっていく。

「前よりだいぶ進化しているし、これからも進化し続ける」と語った。

天心は、今後の目標として、「誰もが認める偉大なチャンピオンになりたい」

「格闘技を盛り上げてる自信はあるし、世界で戦いたい」と話していた。

亀田に対しては、「格闘技を、色々な意味で盛り上げてきた。

格闘技を知ってもらう機会を作る選手はすごい」と、特別な思い入れがあるようだ。

まだ、ボクシングへのチャレンジは未定だが、ぜひ今後に期待したい。

令和のヒーロー那須川天心の挑戦は、まだまだ続いていく。

画像