井上尚弥が衝撃KOで決勝戦へ ロドリゲスは戦意喪失

(写真:ロイター/アフロ)

WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(26)が、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で、無敗のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦した。

試合は18日(日本時間19日)にスコットランド・グラスゴーで行われた。

当初この試合は、WBA王者の井上と、IBF王者のロドリゲスとの統一戦の予定だったが、今回の一戦は団体の規定により、王座統一戦ではなく、IBF王座のみがかけられるタイトルマッチとして行われた。

無敗のロドリゲスは戦意喪失

WBSSの独特な演出で、試合前から会場も大いに盛り上がる。井上が入場すると、多くの声が上がり、海外での注目度の高さが伺えた。

試合が始まると、井上より身長があり、体格が勝るロドリゲスが、前に出て、圧力をかける。

ペースをつかもうとするロドリゲスに対して、井上は距離を保つため、鋭いジャブを打ち牽制する。

ロドリゲスが入ってくるのに合わせて、左フックのカウンターを狙うが、ロドリゲスの防御が固い。

井上のパンチもあたったが、ロドリゲスの前に出る姿勢と攻撃が目立った。

続く2ラウンド目には、井上もペースを取りに行こうと、自分から積極的に前に出始める。

踏み込みを活かしたストレートを打ち、相手を崩しにかかる。

そして、2ラウンド目の序盤、両者のパンチが交錯した時に、井上の左フックが直撃。ロドリゲスがダウンする。

ロドリゲスはなんとか立ったが、ダメージを隠せない。試合が再開した直後に井上の左ボディブローが直撃。ロドリゲスは再びダウン。

セコンドの方を向いて、首を横に振る。既に、戦意喪失の様子だった。なんとか立って試合が再開されたが、井上がさらに追撃。

さらにボディでダウンを追加し、そこでレフリーストップ。ロドリゲスは、鼻から血を流し、苦い顔をしていた。

井上は過去最強の相手に対して、圧勝のKO勝利でWBSS決勝戦へ駒を進めた。

決め手となった左フック

試合の決め手となったのは、井上の左フックだった。ボクシングで、一番KOしやすいのは、左フックと言われている。

フックは、死角から飛んでくるため、予測しにくいからだ。

特に今回、井上が初めにダウンを奪ったパンチで、カウンターの左フックはダウンが生まれやすい。

パンチが交錯して、打とうとした時にガードが空いて、チャンスが生まれる。

1ラウンド目は硬さもあり、相手が前にプレッシャーを掛けていたので、当たらなかった。

だが、2ラウンド目から、積極的に攻めに行ったので、ペースを引き寄せ、井上のフックが絶妙なタイミングで決まった。

井上のパンチは、どれも強いが、左フックで多くのKO勝ちを収めている。

去年のマクドネル戦、パヤノ戦に続き衝撃的なKOで、世界中を震撼させた。

試合後のインタビューでは、「平常心で戦う、いいパフォーマンスができてホッとしてる」と安堵していた。

ここまで圧倒的なKOが続き、重圧とプレッシャーでスランプに陥った井上だが、今回はそれを乗り越えて、さらなる進化を遂げたようだ。

非常に楽しみなドネアとの対戦

次はいよいよ決勝戦となり、5階級制覇王者でフィリピンのノニト・ドネア(36)が待ち受ける。

会場にはドネアも足を運んでいたが、井上の試合を観てどう思っただろうか。

ドネアは、非常に手強い相手だ。一発で試合を決めるパンチを持ち、これまで数々の激闘を演じてきた。

井上も得意とする左フックでKOを積み上げてきた。非常に好戦的で日本でも多くのファンを持つ。

年齢的にもベテランで、ここ最近は負けることもあった。しかし、まだまだ実力は侮れない。

このトーナメントに参戦するためにフェザー級から、2つ階級を下げて参戦してきた。

自身のボクシングキャリアの集大成を掛けて試合に向かってくるだろう。

まだ、日時や開催場所は未定だが、日本で開催されれば、大きく盛り上がる。

井上も「尊敬するドネアと戦えることは嬉しい」とインタビューで答えていた。

強い選手を求めて、チャレンジを続ける井上に付け入る隙はないだろう。

日本から世界の井上と進化を遂げたが、まだまだここからがスタートだ。日本ボクシング界で、数々の伝説を作り、さらに突き進んでいく井上から今後も目が離せない。