亀田和毅「キャリアを積んで今が一番」最強王者バルガスとアメリカで統一戦

本人提供

WBC世界スーパーバンタム級暫定王者の亀田和毅(27)と正規王者レイ・バルガス(28)の王座統一戦が、7月13日にアメリカのカリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークで行われる事が正式決定した。

バルガスは、33勝(22KO)無敗で、スーパーバンタム級で最も評価が高い。和毅は、階級最強の相手との統一戦になる。

試合が正式決定したタイミングで、話を聞いた。

スタッフ撮影 所属の協栄ボクシングジム
スタッフ撮影 所属の協栄ボクシングジム

戦うイメージはできている

今回対戦するバルガスとは、アマチュア時代に拳を交えている。

試合では、バルガスの長身を活かしたスタイルに、足を使われパンチが届かず、ポイントを奪われて負けたと話していた。

10年以上前で、アマチュアルールのため、参考にはならないが、リベンジしたい気持ちは強いようだ。

バルガスのスタイルは、ボクサーファイターで、長いリーチを活かした嵐のような連打が持ち味だ。

和毅は実際に、アメリカで行われた防衛戦も観戦し、試合で戦うイメージはできていると話していた。

映像で見るのと、実際に戦うのでは大きく印象は異なる。先入観を持ってしまうと、実際の試合でギャップが生まれてしまう。

映像より強いと想定した方が良いだろう。生で見る事で、相手の迫力や印象、体格がわかるので実際に戦う時のイメージも湧きやすい。

また、今回はアメリカでの試合になるが、日本以外でのキャリアが多い和毅には気にならないだろう。

「メキシコや海外にもファンがいるので、みんなに試合を見てもらうのが楽しみ」と心強い話も聞けた。

あまり早く行っても、緊張感が無くなるので、試合の1週間ぐらい前にアメリカに乗り込むと話していた。

今までで、一番練習した

今回の試合で、カギになるのは後半でも動き続けられるスタミナだと話していた。

長身で手数が多いバルガスに対して、いくつかのプランを用意しているようだ。

また、今回はスタミナ強化のために、新たなトレーナーとフィジカルトレーニングに励んできた。

和毅自身も今までで、一番練習したと話していた。自分の限界を超えたトレーニングをする事が、試合での自信に繋がる。

しかし、なかなか限界まで自分を追い込むのは難しい。また、あまりにも無茶に追い込みすぎると怪我に繋がる。

そのため、自分の体を客観視してくれるトレーナーの存在は不可欠だ。

ハードなトレーニングとケアを融合した科学的なトレーニングで調整できているようだった。

ここから試合1ヶ月前まで追い込み、その後は試合に向けて、減量とコンディション調整に移行していく。

試合に勝つためには、計画的なトレーニングで、メリハリをつけていく事が重要になってくる。

和毅は非常にマメな選手で、ボクシングに対してのプロ意識が非常に高い。

怪我をしないように、体のケアで1日に2時間以上ストレッチを行っている。ボクシング人生は短いからこそ今に集中したいと話していた。

画像

必ずリベンジする!

今回の試合は、和毅の夢に繋がる大事な一戦となる。いいトレーニングができている様子で、自信がみなぎっていた。

自分のキャリアのゴールとして、「世界で認めてもらえる選手になりたい」と話していた。

王座が増えて、ベルトの数や階級制覇などの、「記録」よりも、誰にどのように勝ったか「記憶」に残る選手を目指しているようだ。

この試合に勝ったら、指名挑戦者として、元キューバのギレルモ・リゴンドーとの対戦の可能性もある。

五輪2連覇、元統一王者のトップクラスの実力者だけに対戦が決まったら非常に楽しみだ。

そのような、ビッグマッチ実現のためにも、目の前の試合に勝つ事が重要だ。この試合に勝てば、和毅のキャリアも大きく前進するだろう。

幼い頃から注目され、時には批判を浴びた時期もあった。

日本で試合ができない期間が続き、長く王座に挑戦できない苦しい挫折も経験した。

それがあったからこそ、今の自分があると前向きに語っていた。

最後に試合に向けて「バルガスはアマチュアで負けた相手なので、必ずリベンジする」と決意を述べてくれた。

今回の試合にリベンジして、更なる飛躍に向けて突き進んでいってほしい。

スタッフ撮影
スタッフ撮影