まさかの一撃で試合終了 無敗のクロフォードがカーンに圧勝

(写真:ロイター/アフロ)

ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで、WBO世界ウェルター級タイトルマッチが行われた。

チャンピオンのテレンス・クロフォード(31)と元世界スーパーライト級統一チャンピオンのアミール・カーン(32)が対戦した。

クロフォードは、全階級で最も強い選手の象徴、パウンドフォーパウンド(PFP)の上位にランクされる。

五輪メダリストで元統一王者のカーンと、どのような試合をするか注目が集まった。

1ラウンド目に衝撃のダウン

1R前半、スピードがあるカーンに対し、クロフォードはジャブをつきながら慎重に戦う。

互いに警戒し、緊張感がある攻防が続いた。

しかし、1R後半、カーンのジャブに対し、クロフォードの右のクロスが、カーンの顎に直撃し、ダウン。

スピードがあるカーンに対し、カウンターを合わせる技術の高さに驚いた。カーンのジャブのタイミングを計っていたのだろう。

打ち込むストレートというよりは、一瞬の隙をついて右のカウンターを合わせていた。

変幻自在のクロフォード

序盤の勢いのまま、クロフォードがペースを握った。

クロフォードも余裕が出てきたのか、変幻自在に左右にスイッチして、カーンにパンチを浴びせ、痛めつけていく。

驚いたのは、サウスポースタイルを完全に使いこなしていた事だ。

ボクサーの中でも右構えから左構えとスイッチをする選手はいるが、ほとんどは相手を撹乱するだけで、使いこなせる選手は少ない。

クロフォードは、完全に左右を使いこなし、それによってペースを握っていった。

カーンのようにジャブを基点とする場合は、サウスポーとの相性が悪い。前の手同士がぶつかり合い、パンチが当たらないのだ。

得意のジャブが出せず、どんどんカーンは追い詰められていった。

まさかのローブローで試合棄権

その後も、クロフォードがポディにパンチを織り交ぜ、ペースを握っていった。

第6R、クロフォードのローブローが、カーンの下腹部にヒットしうずくまってしまった。

反則により試合は一時中断されたが、休憩後にカーン陣営が棄権を宣言した。

それにより、ギブアップによるTKO勝ちを収め、クロフォードがタイトルの防衛に成功した。

試合もこれからという時だったので、非常に残念な結末となった。

会場からも、多くのブーイングの声が聞かれた。

5回までの採点は、1者が50-44、2者が49-45でクロフォードがポイント場でも優位に試合を進めていた。

トップファイターのカーン相手に、クロフォードが圧勝した。6連続KO勝ちでV2防衛を果たし、無敗レコードを伸ばした。

ライバルとの対戦に期待が高まる

ウェルター級は、アメリカ勢がタイトルをほぼ独占している。

WBC王者に、ショーン・ポーター

IBF王者はエロール・スペンス・ジュニア

WBAのスーパー王者にキース・サーマンがいる。

WBAのレギュラー王者には、マニーパッキャオも健在だ。

誰と試合をしても、ビックマッチとなるが、試合後のインタビューでは、エロール・スペンス・ジュニアの名前が上がった。

スペンスはメイウェザーの後継者と呼ばれ、非常に評価が高く、PFPでも上位にランクされる。

プロモーターが違うため、試合実現はなかなか難しいが、期待が高まる。

PFP2位にランクされ、ボクシング界最強の一人に数えられる、クロフォードの今後に注目だ。