対馬市で50年に一度の大雨 南下する梅雨前線に警戒

九州の雨雲(13日10:00)

九州北部を南下している梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいて大気の状態が不安定になっており、九州北部を中心に西日本では非常に激しい雨が降っています。

24時間の降水量は、長崎県の対馬にある厳原で233mm(13日07:30までの24時間)、大分県の椿ヶ鼻で204mm(13日09:30までの24時間)などとなっています。長崎県対馬市では50年に一度の記録的な大雨となりました。

河川の増水に警戒

福岡県飯塚市の穂波川に、13日09:30にはん濫警戒情報(住民に避難準備などを求める段階)が発表されています。秋松橋(飯塚市)の水位観測所では、09:00に避難判断水位に達しました。飯塚市では10時現在市内の一部地区に避難準備情報を出しています。

そのほか、福岡県田川市の金辺川にも09:10にはん濫注意情報が発表されています。

避難の心得(河川洪水編)

土砂災害危険箇所から離れる

降り続く大雨で福岡県や熊本県を中心に土砂災害の危険度「極めて高い」になっています。それらの地域ではいつ土砂災害が発生してもおかしくない状況ですので、土砂災害危険箇所や土砂災害警戒区域の外にすぐに避難するか、外に出るのが危険な場合は2階以上の高い階の斜面と逆側の部屋に移動するようにしましょう。

避難の心得(土砂災害編)

梅雨前線は明日にかけて南下

14日9時の予想天気図
14日9時の予想天気図

梅雨前線は明日にかけて日本の南まで南下する見込みです。まだ大雨となっていない地域でも今後の情報に十分ご注意ください。

最新の警報注意報