今日の東京の雪のポイント

今朝の池袋の歩道の様子(午前9時頃)

四国の南を低気圧が東へ進んでいて、関東では朝から雪となっています。この後も夜のはじめ頃にかけて降り続き大雪となる所がある見込みです。10時現在、東京地方には大雪注意報が発表されています。東京都心でも人通りの少ない場所ではアスファルトの上が白くなり始めました。

最新の東京地方の警報注意報

東京周辺のあす朝までに降る予想降雪量は多いところで、

【東京都】

多摩北部、多摩南部、東京23区:5cm

多摩西部:10cm

【千葉県】

北西部、北東部、南部:5cm

【埼玉県】

南部:8cm

北部:7cm 

秩父地方:10cm

【神奈川県】

東部、西部の平地:8cm

西部の山地:15cm

となっています。

気象庁から発表されるこの数字は、降雪量ですのでそのまますべてが積もって積雪深になるわけではありません。

ここ数年の関東の大雪では、「そんなに降らない予報だと思っていたのに大雪になった」と感じた方も多いのではないでしょうか。日本海側の大雪のパターンと違って関東の大雪のパターンは、気温が高く雪になるか雨になるか予測が難しく、気温の小さな違いで予想より大雪になることがあるのです。

東京都心(千代田区)の予報(7時発表)
東京都心(千代田区)の予報(7時発表)

今日の東京都心の予報を見ると12時は雨。気温が高くなる昼ごろからは雨に変わる可能性があります。東京都心はこの日中の時間帯が雪のまま降るのか雨に変わるのかが今日のポイントで、雪の積もり方に影響してきます。

練馬区の予報(7時発表)
練馬区の予報(7時発表)

一方で、練馬区の予報を見ると12時も含めて1日雪の予報。練馬など海から離れた場所では、東京都心に比べて気温が低く東京都心で雨に変わっても、雪のまま降り続く可能性があります。

都心の職場などで「あまり雪が積もってないな」と思っても、自宅に帰宅すると周辺はしっかり積もっている可能性もありますので、今夜の帰宅の際には足元に十分注意して下さい。

千代田区のポイント予報

練馬区のポイント予報

現在の東京の気温(アメダス)

雨雲・雪雲の動き