阪神タイガース・アルカンタラが韓国本社の“FILA製”特注品グラブを着用する理由

阪神新加入のロハス(左)とアルカンタラ(写真・阪神タイガース公式インスタグラム)

 7日に行われたウェスタンリーグのソフトバンク戦に先発した阪神の新助っ人ラウル・アルカンタラは、5回3安打無失点と好投。1軍での初先発も近い様子で、デビューが待ち遠しいファンも多いはずだ。

 そんな彼が着用しているグラブが、ファンの間で話題になっているそうだ。その理由はメーカーが「FILA(フィラ)」製だったからだ。

 確かにFILA製の野球用品は、日本では見かけないので珍しく映って当然だ。

 そもそも「FILA」はイタリア発祥のブランドで、現在は韓国に本社がある。それはなぜなのか。

 韓国では1991年に「FILA KOREA(コリア)」が設立され、90年代には有名ブランドとしての地位を確立。

 韓国プロバスケットボールリーグ(KBL)創設初期のメインスポンサーがFILAだった時期や当時バスケットボール部の中高生が履くシューズメーカーはほとんどがFILAだったという話もあるほど。

 2000年に入ると韓国での成功とは裏腹に、欧州での事業は悪化。経営難に陥っていたところ、2003年に「FILA KOREA」がMBO(マネジメント・バイアウト)方式で本社を買収し、2007年からグローバル事業権を取得。以降は、FILAブランドのすべてを韓国で管理することになったというわけだ。

 特にFILAは韓国プロ野球(KBO)リーグの斗山ベアーズと関係が長い。

 1994年からスポンサー契約を結び、現在もユニフォーム、シューズ、グラブなどの用品一式を提供している。スポンサー契約の年数は、韓国プロスポーツにおける最長記録を更新中だ。

 ちなみにFILA製のグラブに関しては、野球用品店やスポーツショップで一般用に販売されていないそうで、斗山ベアーズの選手のためだけに作られる特注品とのこと。

 アルカンタラは2019年から韓国リーグでプレーし、2020年シーズンは斗山ベアーズでリーグ最多の20勝(2敗)を挙げているが、2シーズンの間に愛着のあるグラブが見つかったのだろう。