未だに来日できないアン・シネ、今季1試合も出場できずに女子ゴルフツアー出場権を失うのか!?

今年もアン・シネは来日できずに1試合も出場できないのだろうか(写真:Lee Jae-Won/アフロ)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本のプロスポーツ界で頭を悩ませていたのが、外国人選手の入国問題だ。

 特にプロ野球やJリーグでは、新戦力となる外国人選手がシーズン前の合宿から歩調を合わせられない状況が続くなかで、シーズンが開幕。

 そんな中、2度目の緊急事態宣言が3月21日に解除されると、プロ野球各球団やJリーグクラブではスポーツ庁への働きかけが実を結び、続々と外国人選手が入国し始めた。阪神タイガースの今季目玉選手であるメル・ロハス・ジュニア外野手とラウル・アルカンタラ投手も4月4日に入国している。

 では、日本のゴルフ界に目を向けるとどうか――。

 男女ともにプロゴルフツアーでは、多くの外国人選手がプレーしているため、コロナ禍で来日できない選手への配慮は必要となる。

 2021年の日本男子ツアーは東建コーポレーションカップ(4月15~18日、三重・東建多度CC)からスタートした。複数の外国人選手の名前は確認できたが、すべての選手がこの試合に間に合ったわけではない。

 ちなみに日本の男子ツアーは、65人のシード選手のうち、31人が外国人選手(47%)という割合。そうした背景もあり、日本ゴルフツアー機構(JGTO)では昨年からスポーツ庁へ働きかけていたが、これが功を奏した形だ。

「昨年からスポーツ庁に『何とか受け入れてもらいたいです』と働きかけをしてきた結果、プロゴルファーについては特別に認めていただきました」(JGTO広報)

 もちろん、14日間の隔離の管理や選手の身元保証もJGTOが行うことも確認したうえで、「段階的に外国人選手の入国が認められている」という。

 つまり、男子ツアーでプレーするすべての外国人選手が、入国できる状態にある。入国が遅れた選手への不利益については「特別保障制度を使う」(JGTO)という。

 いずれにしても、現在のコロナ禍で、外国人選手が日本でプレーできるカギとなるのが、各競技団体がスポーツ庁へ何らかのアクションを起こしているという点だ。

女子ゴルフQT1位の選手も入国できていない

 そうした意味では、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)はかなり出遅れたと言わざるを得ない。

 今年は3月4日のダイキンオーキッドレディスからツアーが始まり、ペ・ソンウ、イ・ボミ、イ・ミニョン、ユン・チェヨンなどの韓国人選手が出場。ただ、すべての外国人選手が出場できていたわけではない。

 去年はコロナ禍での入国制限措置で、6月の開幕後はしばらく来日が遅れた外国人選手が多かった。それでも申ジエ、ペ・ソンウ、イ・ボミ、キム・ハヌル、イ・ミニョン、ユン・チェヨンなどの韓国選手は、入国制限解除のタイミングを見計らい、少ない試合数ながらも出場していた。来日後に在留資格(ビザ)を更新した選手に関しては、再入国には問題がないため、今年もプレーができている状態だ。

 ただ、去年は新型コロナの感染状況が日本で悪化していたことで、選手が不安にかられていたのも事実。それに、日韓両国で計4週間の隔離期間を考えると、残り2~3試合の出場のために来日するのか、コンディション調整を優先すべきかと、悩んだ選手もいた。

 それがアン・シネだった。彼女は2019年のプロテストに合格して日本ツアーの正会員となり、2019年のQT(予選会)も25位でレギュラーツアーへの出場権(第1回リランキング)を持っている。

 しかし、昨年はコロナ禍で来日を見送り、今年は日本ツアーで結果を残そうとオフにはアメリカで練習を続けていた。だが、ビザの期限が切れていることで、再入国がままならず、現在も韓国で過ごしているという。

 ほかにも2019年QT1位で通過したフェービー・ヤオ(台湾)も、アン・シネ同様の理由で昨年は入国を見送っていた。今はビザの期限が切れており、日本に入国できないままだ。

かつて“アン・シネ効果”で初日1万人超えも

 そこで動かなければならないのが、JLPGAなのだが、関係各省庁への働きかけについて「トーナメント事業部で検討している段階です」とのこと。これではあまりにも遅すぎるのではないだろうか。

 すでに今年は7試合が終了しており、賞金ランキングへの影響も大きい。しかも、選手の出場優先順位を入れ替える「第1回リランキング」が5月開催の「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ(5月6~9日)」終了後に決まる。

 つまり、アン・シネとフェービー・ヤオは、今も来日できておらず、14日間の隔離期間も想定すると、1試合も出られないまま、ツアー出場権を失うことになりそうとのこと。

 JLPGAは2月26日に「新型コロナウイルス感染症に関する入国制限保証制度」を発表しているが、アン・シネとフェービー・ヤオの場合、リランキング以降の2試合が保証されるという。だが、そもそも入国できなければ“保証”の意味がない。

 一方で「昨年のうちに来日して、在留資格更新の手続きをしておくべき」といった声も聞こえてくる。しかし、コロナ禍における不測の事態では、ゴルファー個人の事情と判断を尊重すべきだろう。

 今年のJLPGAツアーは、若い選手たちの活躍で盛り上がりを見せるが、不公平感は今も払拭できていない。来日できない外国人選手の心情に配慮し、関係各省庁に早く働きかけるべきではなかっただろうか。

 奇しくも、5月のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップは、“セクシークイーン”アン・シネが2017年に日本ツアーデビューした大会だ。

 しかも初日としてはツアー史上最多となる1万3097人を動員し、その要因は“アン・シネ効果”とも言われていた。

 ツアー人気牽引の恩恵を受けた事実があることを忘れてはいないだろう。JLPGAには今、その配慮と対応が求められていると思う。