韓国代表はホーム開催のサッカー東アジアE-1選手権で“1勝”もしたことがない?

今日から開幕する東アジアE-1選手権で3連覇を狙う韓国代表(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

 今日(10日)から韓国・釜山でサッカーEAFF(東アジア)E-1選手権が開幕する。

 日本、韓国、中国、香港の4カ国で優勝を争うが、やはり注目は18日に行われる男子の日韓戦だろう。

 日本代表は横浜F・マリノスのJ1優勝に貢献し、JリーグMVPに輝いた仲川輝人やGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)が選ばれたほか、東京五輪を目指す22歳以下の選手ら国内組が選出された。

 一方の韓国代表は、今季のKリーグで13得点9アシストMVPを獲得したMFキム・ボギョン(蔚山現代)ら国内組が中心だが、JリーグからはFWナ・サンホ(FC東京)、DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)、GKク・ソンユン(コンサドーレ札幌)が選出された。

 FWソン・フンミン(トットナム)やFWファン・ヒチャン(ザルツブルク)など欧州組はいないが、現状ではベストの布陣で3連覇を狙っている。

 2003年から開催されている東アジアE-1選手権での優勝数は韓国が4回ともっとも多い。03年(開催国:日本)、08年(中国)、15年(中国)、17年(日本)といずれもアウェーでの開催で強さを発揮している。

 だが、韓国はホーム開催となった05年と13年は優勝できなかった。しかも「1勝もできなかった」という嫌なジンクスがある。

 05年は中国に1-1、北朝鮮に0-0で引き分け、最後は日本に0-1で敗れて2分1敗の4位。さらに13年はオーストラリアに0-0、中国に0-0、最終戦で日本に1-2で敗れている。2分1敗の3位だった。

 なぜか東アジア選手権ではホームで弱い韓国だが、自国開催になるとそれが逆にプレッシャーになるのだろうか。

 それでも今大会、韓国は勝利への欲を隠さない。

 前日会見でパウロ・ベント監督は「短期決戦の大会だが、新たな選手たちをテストすること、さらには久しぶりに代表チームに合流した選手たちは実力を見せる絶好の機会」と、チーム内の活性化に目的を置いていることを強調。

 また、「準備する期間が短かったが、最高の結果を残せることを願っている。様々な選手を起用し、新たなオプションをテストしながらいい結果を残したい」と優勝に対する意欲も見せている。

 韓国は11日に香港、15日に中国、18日に日本と対戦する。

「同大会ホームでの勝利がない」というジンクスを破り、3連覇を成し遂げられるか注目したい。