元日本代表MF中田英寿ら有名人の税関申告書が韓国で流出?「空港の税関職員が……」韓国テレビ局が報じる

韓国で税関申告書が流出したとされる人物のリストに中田英寿氏の名前があったという(写真:REX/アフロ)

 韓国メディアが一斉に報じたのは、韓国の税関職員が有名人の税関申告書を流出させたというニュースだった。

 韓国のテレビ局「SBS」取材班がその事実を突き止め、提供者から税関申告書の書類と写真を入手。12月1日にそのニュースを報じていた。

「SBSニュース」によれば、「サッカーの元韓国代表のアン・ジョンファン、女優のソン・ヘギョ、現代車グループのチョン・ウィソン副会長、歌手のキム・テウォン氏などの税関申告書が含まれていた」という。

 さらに「元日本代表MFの中田英寿氏や在日韓国人ピアニストのヤン・バンオン氏も流出の被害を被った」と伝えている。

 まさかここにきて、中田氏の名前が挙がるとは驚きだ。

 記事によると、流出した申告書は2011年から15年にかけて作成されたもので、該当する人物が飛行機で韓国に入国し、空港の税関で作成し提出されたものだという。

 つまり、パスポート番号、生年月日、電話番号、自宅住所などを記載する場所があるので、それらも流出したことになる。

 ちなみにスポーツ紙「MKスポーツ」は「税関申告書は規定により、日にち別に分けたあと、担当部署で1カ月保管し、廃棄するようになっている。だが、回収された申告書を対照したり、確認するのは難しいため、職員が途中で隠したりした場合は、止める方法がほとんどない」と伝えている。

 韓国の関税庁は「税関申告書を流出させた場合は、最大で懲役5年の実刑を受ける。経緯を調査して該当の職員を処罰する」と説明している。

 いずれにしても、名前が挙がった中田氏にとっては、青天の霹靂としか言いようがなく、今後の対応が気になるところだ。