中国サッカー協会がフース・ヒディンク 五輪代表監督を“事実上”解任? 指導内容に不満も

(写真:ロイター/アフロ)

 フース・ヒディンク監督の動向が、中国メディアから入ってきた。

 去年9月に五輪(U-22)中国代表の指揮官に就任したヒディンク監督。2020年東京五輪出場の担い手として招聘されたが、ここにきてストップがかかったようだ。

 中国メディア「シナスポーツ」が19日付で「中国サッカー協会が五輪代表チームの強化が非効率的とのことで、チームの準備グループを新たに設立することを決めた」と伝えている。

 新たに作られるグループがトレーニングを全面的に受け持つとされ、「このチームリーダーは前中国代表監督のガオ・ホンボ氏が務める」とも報じられている。

 つまり、ヒディンク監督の“事実上の解任”と見ていいだろう。契約解除と発表こそしていないが、ヒディンク監督が指導する機会は奪われた形だ。

 こうした立場に追い込まれたのには理由がある。

 ヒディンク監督率いる中国五輪代表は、3月に開催されたAFCU-23選手権予選を2勝1敗で突破し、来年1月の本大会(タイ)に出場を決めている。

 同大会は来年の東京五輪出場を決める大事な大会でもある。

 だが、今月6日に行われた親善試合で北朝鮮五輪代表に1-1で引き分け、8日にはベトナム五輪代表に0-2で敗れてしまった。

 これだけではない。中国サッカー協会が問題視しているのは、ヒディンク監督の行動のようだ。

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)で韓国代表をベスト4に導いた同指揮官に関心の高い韓国メディアは、ヒディンク監督の動向について触れている。

 韓国の「マイデイリー」は「ヒディンク監督は中国五輪代表チームを任せられたあと、そのほとんどをオランダで過ごした。今年3月、マレーシアで行われたAFC U-23選手権の予選が終わったあともすぐにオランダに帰国した。また、有望株の選手の起用についても非難を受けていた」と報じている。

 五輪代表チームを集中的に指導できていないことや最近の試合結果も含めて、こういう事態になったと見られている。

 いずれにしても、今回の中国サッカー協会の発表により、ヒディンク監督が五輪代表を今後も率いるかどうかは不透明だ。