′99年準優勝の日本を超えられるか。サッカー U-20W杯決勝戦に挑む韓国代表の実力と優勝の可能性

史上初の決勝戦に進んだU-20韓国代表(写真:ロイター/アフロ)

 韓国サッカー界に新たな歴史の一ページが刻み込まれようとしている。

 FIFA U-20ワールドカップ(W杯)で、快進撃を続けている韓国代表が準決勝でエクアドル代表を1-0で下して、韓国サッカー史上初の決勝戦に進出した。

 16日(日本時間1時)の決勝の相手はウクライナ代表。奇跡の瞬間に立ち会おうと、いま韓国はU-20代表の話題で持ちきりだ。

ただ、当初は韓国がまさか決勝の舞台に立つとは、予想もしていなかった。

 大会前、U-20韓国代表の合言葉は“アゲイン1983”だった。チョン・ジョンヨン監督は最終メンバー発表会見で、「個人的には(目標を)“アゲイン1983年”と言っておきたい」と語っていた。

 これまで韓国の同大会の最高成績は、36年前の1983年にメキシコで開催されたFIFAワールドユース選手権(U-20W杯の前身)のベスト4。

 それさえも達成できるのか懐疑的だったが、今大会で韓国代表は、目標を達成したばかりか、初の決勝進出という快挙を成し遂げたのである。

初戦敗北あとの快進撃

 ここまでの戦いぶりを振り返ると、まさに死闘の連続だった。

 グループFに入った韓国は初戦のポルトガルに0-1で敗れたが、2戦目の南アフリカに1-0で勝利。3戦目はグループリーグ突破を掛けて、強豪アルゼンチンと戦い2-0で退けて、グループ2位で決勝トーナメントに進出した。

 決勝トーナメントの相手は日本。アジアのプライドを掛けたライバル同士の対戦では、韓国が1-0で日本に勝利してベスト8へ。

 準々決勝で韓国はセネガルを相手に死闘が繰り広げられた。セネガルに1-2でリードされ、そのまま試合終了かと思われた90分のアディショナルタイムにCKから劇的な同点弾。

 さらに延長戦では3-2でリードしたが、後半アディショナルタイムにセネガルに決められて3-3。勝負はPK戦にゆだねられ、3-2で勝利した韓国が準決勝に進出した。

 この試合ではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定が7回もあり、途中何度も試合が中断したが、韓国の選手の冷静な対処が光った試合でもあった。

参照:日本とセネガルを撃破した韓国のU-20W杯ベスト4は「KリーグのVAR導入経験が生かされた」から?

 準決勝は前述の通り、1-0で韓国がエクアドルを下した。

 韓国にとってはFIFAが主管する大会で初の決勝戦進出。大会前に韓国のサッカー担当記者に話を聞いたときはこんな見解だった。

「正直、期待しすぎるのは早い。今回招集された欧州組でさえもクラブでは主力ではない。試合を見守る必要がある」

 それが、ふたを開けてみれば驚くべき結果が待っていたわけだ。

バイエルンのチョン・ウヨンが抜けたが…

 開幕前からその予兆はあったのかもしれない。

 一つは、欧州組を最大限に招集したことだ。大韓サッカー協会(KFA)が発表した21人のうち、5人が欧州のクラブに所属する選手だった。

 GKチェ・ミンス(ハンブルガーSV)、DFキム・ヒョヌ(ディナモ・ザグレブ)、MFキム・ジョンミン(FCリーフェリング)、MFイ・ガンイン(バレンシア)、FWチョン・ウヨン(バイエルン・ミュンヘン)がメンバー入りした。

 しかし、バイエルンのチョン・ウヨンが大会前にチーム側から招集を見送られため、これが「大きな戦力ダウン」と見られていた。

 チョン・ウヨンはリザーブチームで今季13ゴールを挙げており、昨年のUEFAチャンピオンズリーグでもトップチームにデビューするなど、実力が認められていたからだ。

重圧はねのけたイ・ガンイン

 そんな彼を抜けた穴を埋めるかのように、18歳の“神童”イ・ガンインが背番号10を背負い、チームを引っ張った。

 彼の実績を見ると、期待されて当然だ。10歳のときにバレンシアのカンテラに入団。順調に成長して、16歳のときにプロ契約。今年1月にリーガデビューを果たすと、2月にはヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の第2レグ・セルティック戦にも出場した。

 3月にはA代表にも招集されており、総合ニュースサイト「news1」は今大会の活躍ぶりから、イ・ガンインのことを「パク・チソンやソン・フンミンのように、未来のエースになる資格が十分にあるように見える」と評価する。

 

 確かに獅子奮迅の活躍で、決勝戦に進むまで1ゴール4アシストを記録。

 韓国中の期待を一身に背負いながらも、プレッシャーに押しつぶされることのなく、スペインのトップリーグで鍛えられたメンタルを生かして、チームをけん引した。

アルゼンチン戦と日本戦で得点したのは2部リーグ選手

 それにしてもバレンシアのイ・ガンインばかりが注目されているが、Kリーグでプレーしている選手が21人中、15人もいることを考えると、基盤は国内リーグ選手の力によるところが大きい。

 アルゼンチン戦と日本戦でゴールを決めたオ・セフン(牙山ムグンファFC)は193センチの長身FWで空中戦を得意とするが、彼の所属チームが2部のKリーグ2だということはあまり知られていない。

 今季はリーグ戦で9試合に出場して3得点、2アシストを記録している選手だ。

 さらにアルゼンチン戦で得点したFWチョ・ヨンウク(FCソウル)は今季リーグ8試合に出場して、1得点1アシスト。

 セネガル戦でゴールを決めたDFイ・ジェイク(江原FC)とDFイ・ジソル(大田シチズン)は共にディフェンダーだが、得点に絡んだ。イ・ジソルが所属する大田シチズンも2部のKリーグ2である。

 そして準決勝のエクアドル戦で決勝点を決めたDFチェ・ジュンは、延世大学校サッカー部所属の選手。チームにはもう一人、高麗大学校サッカー部所属が代表入りしている。

 海外組、Kリーグ1部と2部のプロ国内組、さらに大学サッカー部のアマチュア選手まで全員で勝ち進んだ決勝戦だった。

99年準優勝の日本を超えられるか

 決勝の相手となるウクライナだが、準決勝でイタリアを1-0で下した粘り強さを見る限り、難しい試合になることが予想される。

 スポーツ・芸能総合サイト「OSEN」は「アジアとしては1981年のカタール、1999年の日本が決勝戦に進出しているが、いずれも敗れて準優勝に終わっている。もしウクライナに勝利すれば、アジアの国としては初の優勝となる」と伝えている。

 ちょうど20年前の1999年ワールドユースでの日本代表の準優勝は、小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁、高原直泰、本山雅志など“黄金世代”と言われた豪華メンバーから、今でも色あせない記憶として人々の記憶に残っている。

 若き韓国代表は、それを超えられるのだろうか――。ここまで勝ち進んだならば、アジアと世界のサッカー史に新たな一ページを刻みこんでもらいたい。