元ヤクルト・ロマンが台湾復帰。「3カ月契約」でNPB入り目指す

WBCが終わっても、NPB復帰を見据えたロマンの挑戦は続く(写真:USA TODAY Sports/アフロ)

 今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にプエルトリコ代表として出場した元東京ヤクルトスワローズのオーランド・ロマン(38歳)が、台湾球界への復帰を決断。古巣の中信ブラザーズと、3カ月間の契約を結んだことがわかった。

WBC出場を花道にせず、現役続行を決意

 2012年からヤクルトでプレーしたロマンは、15年には主に中継ぎとしてセ・リーグ優勝に貢献するなど、日本での4年間で133試合に登板して18勝22敗6セーブ、27ホールド、防御率3.00を記録。だが、15年オフにヤクルトを自由契約となり、昨シーズンは5年ぶりに台湾プロ野球(CPBL)に復帰。Lamigoモンキーズでリーグ2位の12勝、同3位の防御率4.64をマークした。

 台湾のシーズン終了後も、故郷プエルトリコでウィンター・リーグに参戦し、クリオーヨス・デ・カグアスの一員として5試合に投げて1勝1敗、防御率2.12。さらに、中南米5カ国の優勝チームが一堂に会してチャンピオンの座を争うカリビアンシリーズでも、2試合の登板で1勝0敗、防御率0.90の成績を残した。

 今年の3月にはプエルトリコ代表として、第1回から4大会連続のWBC出場を果たしたものの、2次ラウンド初戦のドミニカ共和国戦に先発し、2回1/3を1失点で切り抜けたのが唯一の出番。古巣のヤクルトからは国際スカウト就任を打診されており、WBCを花道に引退するという選択肢もあったが、まだ現役をあきらめられなかった。

最後のマウンドは日本で──

 一時は日本の独立リーグでのプレーも視野に入れていたロマンだが、2010、11年に在籍した中信(当時は兄弟エレファンツ)からのラブコールに応え、台湾球界への復帰を決断。このほど、正式に3カ月間の契約に合意した。

 なぜ3カ月の契約なのか? そこには、これまでと変わらず「もう一度、日本で投げたい」という思いがある。NPBでは7月末までシーズン中の新規支配下選手登録が可能であり、3カ月の契約であれば、満了後にNPBの球団と契約することもできる。だから、自ら望んで3カ月の契約にしたのだという。

 もし、仮に台湾での契約が満了しても、NPBの球団からオファーがなかったら……。

「その時は日本の独立リーグでプレーしようと思っている。ただ、選手としてはそれが最後になるだろうね」

 できるなら、最後にもう一度NPBのマウンドへ──。その思いを胸に、ロマンは台湾で3カ月の勝負に挑む。

・関連リンク

元ヤクルト・ロマン「もう一度、日本で」の思い変わらず。独立L入りも視野に