58号バレンティン「ボンズはどうだ?」 

15日の阪神タイガース戦で2本のホームランを打ち、年間本塁打の日本記録を49年ぶりに塗り替えた東京ヤクルトスワローズのウラディミール・バレンティン選手。1日置いて行われた17日の横浜DeNAベイスターズ戦は4打数ノーヒット2四球に終わりましたが、翌18日の同カードで今季58号本塁打を放ち、自身の記録を更新しました。

13日からの阪神戦でファンに配られた「バレンティンお面型うちわ」
13日からの阪神戦でファンに配られた「バレンティンお面型うちわ」

昨日の試合は取材に行けなかったのですが、あれほど多かったメディアの数もグッと少なくなった17日の試合前には、バレンティン選手と少し話をする機会がありました。新記録を達成して「ホッとした」と言いながらも疲れは隠せない様子でしたが、「まさか“57号”を目の前で見る日が来るとは思わなかった」と伝えると「57号を見たのは初めてか? でも、もっと見られるよ」とニッコリ。ただし、今シーズンあと何本打てるかは「わからない」とのことだったので、「次はベーブ・ルース(の60本)かな。サミー・ソーサの66本はどう?」と振ると、自ら「バリー・ボンズはどうだ?」と言ってサングラスをしたままニヤリ。傍らにいたアナウンサー氏の「73本!?」の声に、「残り18試合で16本かぁ…」としばし考えを巡らせていました。

「三冠王への挑戦」にも注目

さすがにボンズが2001年にサンフランシスコ・ジャイアンツで放ったメジャーリーグ記録の73本塁打という数字は難しいでしょうが、日本ではまさに夢だった60本は限りなく現実に近づいてきました。そしてバレンティン選手にはもう一つ、大記録の可能性があります。それがNPBでは2004年の松中信彦(ダイエー)以来、セ・リーグに限れば1986年のランディ・バース(阪神)以来27年ぶりとなる三冠王です。昨日の試合を終え、バレンティン選手は打率.338、58本塁打でどちらもリーグトップ。さらに122打点は、1位のトニ・ブランコ選手(DeNA)に3点差まで迫っています。

というわけで、今後もバレンティン選手がホームランの数をどこまで伸ばすのか目が離せませんが、一方で「三冠王への挑戦」にも注目していきたいと思います。次にヤクルトのゲームを取材するのは24日からの巨人戦(神宮)の予定ですので、新たな情報があればまたお伝えします。果たしてヤクルト球団初の三冠王誕生はなるでしょうか。