【ノックアウトステージに突入した五輪野球】

 日本代表のメダルラッシュが続き、すっかり国中が五輪で盛り上がる中、いよいよ大会も大詰めを迎え、残すところ1週間となった。

 ソフトボールとともに北京五輪以来競技として復活した野球も、ノックアウトステージに突入。金メダルを狙う侍ジャパンは今日8月2日に、準決勝進出を賭け米国代表と激突する。

 侍ジャパンとともにオープニング・ラウンドを2戦全勝で乗り切った米国代表は、やはり侍ジャパンにとって最大のライバルになりそうで、今日の戦いぶり如何で金メダルの行方が決まっていく可能性が高い。

【予選2試合で実況生配信を実施した川﨑&西岡コンビ】

 そんな侍ジャパンの戦いを、よりディープに楽しむことができる方法があるのをご存知だろうか。

 元侍戦士としてWBC制覇に貢献し、現在BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに在籍する川﨑宗則選手と西岡剛選手の2人が、侍ジャパンの試合についてYouTube上で実況生配信しているのだ。予選2試合も代表を経験している2人ならではの分析を交え、実に面白い実況を行っている。

 また両選手ともにMLBに在籍して経験を持つため、米国代表、ドミニカ代表、メキシコ代表に、対戦もしくは同じチームに在籍した選手もおり、対戦チームの情報もかなり充実しているので嬉しい。

 ある意味侍ジャパンのTV中継を担当する解説者以上に、中身が濃い実況を聞くことができるはずだ。

【川﨑選手の試合実況は選手目線で明快】

 あくまで個人的な意見だが、川﨑選手の野球実況ほど楽しいものはない。

 これまで個人的に川﨑選手と数度にわたり野球観戦した経験があるのだが、選手目線の分析は非常に的確で、これまでとは違った角度から野球を観戦できたのは本当に新鮮な気持ちになれた。しかも観戦中もいわゆる“川﨑節”は健在で、実に楽しく明快なのだ。

 現在も時折TVのスポーツ番組で大谷翔平選手などの解説をしているが、非常に明快で理解しやすい。川﨑選手の実況と解説は、多分現在でも右に出るものはいないのではないかと思えるほどだ。

【侍ジャパン以外の試合も実況生配信する可能性も】

 すでに本欄でも報告しているように、現在の川﨑選手は新たなプロ野球選手像を確立しようとしている。選手としてプレーを続けていくため、野球を通じて様々なビジネスチャンスを模索しようとしている。

 YouTubeに『宗チャンネル』を開設したのもその一環で、これまでも様々提言を行っている。今回も五輪野球を通じて、ファンと交流することを目指しているようだ。

 川﨑選手は「単に侍ジャパンを応援するのではなく、対戦チームをリスペクトしながら観戦していきます。できれば侍ジャパンに関係なく決勝戦まで生配信していきたいです」と話しており、侍ジャパン以外の試合も川﨑&西岡の実況生配信を楽しむことができそうだ。

 ちなみに米国代表戦の実況生配信は、以下の通りだ。