新公式球導入で極端な“投高打低”傾向に!シーズン打率はMLB史上最低レベルで推移

大谷翔平選手が本塁打を打ちまくる裏でMLBは極端な投高打低傾向が続いている(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【開幕から1ヶ月が経過したMLB】

 MLBの2022年シーズンが開幕してから、ほぼ1ヶ月が経過しようとしている。

 新型コロナウイルスの影響で数試合が延期になるケースが発生しているが、開幕から有観客試合で実施される中、大きな混乱もなく連日ファンを盛り上げている。

 中でも投打にわたる大谷翔平選手の活躍は、日本のみならず米国でも大きな関心事になっており、今後も彼が圧倒的なプレーを披露し続けるようならば、大谷フィーバーが巻き起こっても不思議ではないだろう。

【新公式球の影響で極端な投高打低に】

 そうした大谷選手ら活躍が日々話題になる中で、実は今シーズンのMLBがかなり深刻な状況に陥っているのをご存じだろうか。

 あくまでこの1ヶ月間のデータではあるのだが、ここまでMLB史上でも稀に見るレベルで“投高打低”傾向が続いているのだ。

 本欄でも今年2月の時点で報告しているのだが、今シーズンからMLBが公式球を低反発球に切り替えている。ここ数年は本塁打量産傾向が続き、現場の選手たちから“飛ぶボール”疑惑が浮上していたが、MLBは各チームに送付した内部文書でその事実を認め、今シーズンから反発係数を下げた公式球の反発係数を下げたのだ。

 すでにオープン戦から本塁打率が下がっており、新公式球の効果は顕著に表れていた。だがシーズンが開幕してみると、本塁打率ばかりでなく、ほとんどの打撃成績が一緒に下降してしまっているのだ。

【シーズン打率2割3分台は1968年以来】

 まず今シーズンのリーグ全体の打撃成績を確認してみよう(資料元はすべて『BASEBALL REFERENCE.COM』)。

 まず新公式球導入の経緯となった本塁打率だが、4月28日時点で1.15となっている。これは最多年間本塁打数を記録した2019年(1.39)から大幅に低下している。

 ただし2010~2015年は1.00前後で推移していたので、極端に下がったというわけでもない。

 参考までに紹介しておくと、本塁打1.15は、マーク・マグワイア選手やバリー・ボンズ選手の年間本塁打記録が注目され、本塁打量産傾向にあった2000年前後の本塁打率とほぼ同レベルだ。つまり本塁打率に関しては、ほぼMLBの狙い通りの低下だったはずだ。

 ところが本塁打率ばかりでなく、打率まで低下してしまっているのだ。それも深刻なレベルにまでだ。

 同じく4月28日時点の成績を見てみると、シーズン打率は.232となっている。

 今回引用しているデータ専門サイトによれば、1872年から現在に至るため、シーズン打率が2割3分台だったシーズンは、1888年、1908年、1968年の3回しか存在していない。具体的にみると、1888年と1908年は.299で1968年は.237だった。今シーズンの.232がどれほど深刻なのか、一目瞭然だろう。

 多少補足しておくと、ここ数年は飛ぶボール疑惑ばかりではなく、MLB内で“フライボール革命”が浸透し、本塁打量産傾向のみならず打率降下傾向にあったのは確かだ。それでも2019年は.252だったし、1972年(.244)以来の最低打率を記録した昨年でも.245だった。

 やはり今シーズンの打率低下は、深刻なレベルだと考えていいだろう。

【低反発球に直接関係のない奪三振率も急上昇】

 打率が低下するということは、他の打撃成績も連動して低下してしまう。

 ここまでの出塁率.309は1968年(.299)以来の低さだし、長打率.390も2014年(.386)以来4割台を割り込んでいる。

 さらに注目すべきことは、反発係数の変化による影響が出てこないはずの奪三振率が急上昇していることだ。

 先日本欄でジェイコブ・デグロム投手に関する記事を公開し、今シーズンの奪三振率がMLB史上最高レベルで推移していると報告している。改めて説明させてもらうと、現時点での奪三振率は9.10となっており、MLB史上初めて9.00を超えてしまっている状況だ。

 これについては新公式球との関連性は定かではないが、明白な投高打低傾向を示す指標の1つであることに変わりはない。

 繰り返すが、これらのデータは開幕1ヶ月間のものでしかない。これから温かい季節を迎える中で、こうした傾向に変化が出てくるかもしれない。

 だがこのまま極端な投高打低傾向が続くようなことになれば、MLBがマイナーリーグで試験導入予定のバッテリー間の距離延長が、決して夢物語で片づけられなくなりそうだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「何もないのは分かっていたけど緊張した」と不正投球確認を受けたダルビッシュ。回転数は軒並みダウン三尾圭6/23(水) 15:46
  2. 2
    打倒・井上尚弥の本命はロマゴンの後継者?ボクシング王国の切り札?三浦勝夫6/23(水) 8:00
  3. 3
    東京五輪の暴走に、何もしなかったメディアのことを忘れない森田浩之6/23(水) 11:15
  4. 4
    「通算70本塁打&100奪三振以上」の選手はベーブ・ルースと大谷翔平の間にも2人いた宇根夏樹6/23(水) 10:55
  5. 5
    ホークス上林誠知「担ぐ」新打法で逆襲へ! 打率「4割」オーバー&「3号本塁打」田尻耕太郎6/23(水) 7:50
  6. 6
    4戦3発のパンチ力! 盗塁王レースはトップに1差! ホークス佐藤直樹を今こそ一軍に推したい理由田尻耕太郎6/23(水) 11:30
  7. 7
    26日に防衛戦を控えたWBAスーパーライト級チャンプの言葉林壮一6/23(水) 0:01
  8. 8
    横山典弘が語った「ゴールドシップ初騎乗で史上初の宝塚記念連覇に導けた理由」とは?平松さとし6/23(水) 4:55
  9. 9
    メジャー歴代最速で1500三振を奪ったダルビッシュ。記録更新を狙うデグロムに抜かれる心配もなし三尾圭6/23(水) 10:46
  10. 10
    年間本塁打記録だけじゃない!大谷翔平に更新を期待したい松井秀喜氏が持つもう1つの日本人最多本塁打記録菊地慶剛6/22(火) 9:36