史上初! 女子サッカー選手がNCAAトップカンファレンスのフットボール公式戦に出場へ

サラ・フラー選手の公式戦出場を報じる記事(バンダービルト大公式サイトより)

【女子サッカー選手に届いた1本の電話】

 テネシー州ナッシュビルに位置し、米国有数のスポーツ名門校の1つ、バンダービルト大の公式サイトが現地時間の11月27日に報じたところによると、同28日に行われるミズーリ大との男子フットボール公式戦に、女子サッカー選手が出場登録された。

 この選手は、4年生のサラ・フラー選手。つい先日同大が所属する「サウスイースト・カンファレンス(通称SEC)」で、26年ぶりにカンファレンス優勝を決めた女子サッカー部のゴールキーパーを務めていた選手だ。

 女子サッカーのシーズンが終了し、ホリデーシーズンを家族とともに過ごす準備をしていた彼女の下に、サッカー部助監督から電話がかかってきた。

 「今までフットボールを蹴った経験はあるかい?!」

【男子選手の穴埋めで緊急招集】

 理由は単純だった。

 今もシーズンが続いている男子フットボール部が、公式戦2試合を残し、キッカーが足りなくなってしまった。そこでキーパーとしてのキック力を見込まれ、フラー選手に白羽の矢が立ったというわけだ。

 前述の質問に「Yes」と答えると、助監督はさらに質問を続けた。

 「フットボール部でキッカーをやってみる気はあるかい?今週末もここに残って、フットボール部のためにキッカーをやることは可能かい?」

 助監督の電話を受けた1時間後には、フラー選手はフットボール部の練習グラウンドに立っていた。そしていきなり最初のフィールドキックを成功させると、その後も次々に決めることに成功。文句なしで正式にキッカーとして採用されることになった。

大学公式サイトではフラー選手がキック練習する姿も紹介している
大学公式サイトではフラー選手がキック練習する姿も紹介している

【トップカンファレンス公式戦では史上初】

 これまで大学フットボール界で公式戦に出場した女子選手は、すでに6人存在している。その中には、大学内でもレベルが高いと言われるNCAAの「フットボール・ボウル・サブディビジョン(通称FBS、旧ディビジョンAI)」の公式戦に出場した女子選手2人も含まれている。

 だがフラー選手は、さらに特別な存在になろうとしているのだ。

 バンダービルト大が所属しているSECは、大学フットボール界でも“トップの中のトップ”と言われる「パワー5・カンファレンス」(残り4つはACC、ビッグ-10、ビッグ-12、パック-12)の一角をなしており、バンダービルト大も毎年のようにNFLドラフトで指名される選手を輩出している強豪校だ。

 そんな大学フットボール界屈指の強豪カンファレンスで、女子選手が公式戦に出場するのは初めてのことだ。まさに大学フットボール界に新たな歴史を刻もうとしている。

 フラー選手もTwitter上に、自らの写真とともに「歴史を作ろう!」とのメッセージを投稿し、公式戦を待ち侘びている。

 試合当日は、何本のキックを決めることができるのだろうか。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ