従来型のPGからの脱皮を目指す大阪エヴェッサ・伊藤達哉の内なる変化とその覚悟

今シーズンは積極的にシュートを狙う姿勢を見せる大阪・伊藤達哉選手(筆者撮影)

【勝利した2試合でMOGに選ばれた伊藤選手】

 昨シーズンは26勝15敗の成績を残しながら、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断し、チーム初のチャンピオンシップ進出を逃していた大阪エヴェッサ。昨シーズンの中心選手6人を残し大幅入れ替えを断行して臨んだ2020-21シーズンだが、シーズン第3節を終え2勝4敗とスタートにつまずいている。

 ただここまでのチーム状態は、決して盤石ではなかった。まずシーズン開幕前に、天日謙作HCが病気療養のため当面はチームから離脱することが明らかになった。

 さらに新加入の角野亮伍選手、エリエット・ドンリー選手、駒水大雅ジャック選手はBリーグ初参戦で経験不足の若手選手で、さらにDJ・ニュービル選手とギャレット・スタツ選手の外国籍選手も新型コロナウイルスでチーム合流が遅れ、チームとしての準備がままならない中で開幕を迎えていた。

 そんなチームにあって、勝利した2試合でマン・オブ・ザ・ゲーム(MOG)に選出されたのが、伊藤達哉選手だ。いずれの試合も伊藤選手が、日本人選手最多の得点を記録している。

【シュート数が昨シーズンの45%増】

 今シーズンの伊藤選手は、開幕から明らかにプレースタイルが変化している。スピード感溢れるドリブルと激しいディフェンスはこれまで通りだが、積極的にシュートを狙いにいく姿勢が際立っている。

 昨シーズンは30試合で10本以上シュートを放ったのは7試合に止まっていたが、今シーズンはすでに3試合を数える。特に今シーズン2勝目を挙げた10月18日の京都ハンナリーズ戦では、チーム最多の16本のシュートを放っている。

 その変化はデータの上でも明らかだ。昨シーズンの1試合平均のシュート数は6.77本だったの対し、今シーズンはここまで9.83本。約45%も増加しているのだ。

 シーズン開幕戦となった広島ドラゴンフライズ戦で17得点を記録した伊藤選手は、試合後に以下のような発言をしている。

 「自分の持ち味はドライブと周りを生かすプレーというのが一番なので、そこはぶらさずに…。ただ自分のシュートが入ることによって強いチームになれるし、勝てる可能性も上がってくると思うので、今シーズンは積極的に狙っていきたいなというのがあります」

大阪に新加入した攻撃型PGのDJ・ニュービル選手(筆者撮影)
大阪に新加入した攻撃型PGのDJ・ニュービル選手(筆者撮影)

【典型的な日本人PGからの脱皮】

 洛南高校から東海大学とバスケットの強豪校で鍛え上げられた伊藤選手は、ある意味典型的な日本人PG(ポイントガード)といえるだろう。

 本人も語っているように、コート中を縦横無尽に走り回り、周りの選手を生かすことがPGとしての最大の役割だという意識が強く、これまで得点へのこだわりが強かったわけでない。

 そんな伊藤選手が今シーズン見せている姿勢は、従来のプレースタイルから脱皮し、選手としての幅を広げようとしているからに他ならない。そして若手選手が増えたチームの中で、率先して牽引していく立場になったという自覚でもあるのだろう。

 だが長年懸けて築き上げたプレースタイルを変えるのは容易なものではないし、ただ闇雲にシュートを打ち続ければいいというものでもない。試合の流れを考えながら、絶好のシュート機会を見極める能力も養っていかねばならない。

【チームに加わった素晴らしい教材】

 そんな伊藤選手の思いに呼応するかのように、彼にとって素晴らしい教材となり得る、攻撃型PGのニュービル選手がチームに加わった。デビュー戦となったシーズン第3節の京都戦2試合で43得点を記録し、素晴らしい得点能力を披露している。

 ニュービル選手のような攻撃型PGは、チャンスがあれば積極的にシュートを狙い続け、相手ディフェンスを自分に引き寄せると、今度は周りの選手を生かし始める。まさに伊藤選手が目指すプレースタイルといえるだろう。

 今シーズンはそんなニュービル選手のプレーを間近で観察し、しかも練習では実際にマッチアップしながら肌で体感することもできる伊藤選手。今シーズンの更なる飛躍に期待したいところだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    各球団トップの打者たち。柳田悠岐と鈴木誠也は「三冠王」。打率.250以上がいない球団も宇根夏樹12/1(火) 7:00
  2. 2
    元オリックス・鈴木郁洋コーチが韓国KTへ シドニー五輪から20年の「後悔」と「期待」室井昌也12/1(火) 7:30
  3. 3
    40kgのダイエットに成功した元全日本チャンピオン林壮一12/1(火) 0:01
  4. 4
    イブラ抜きでも首位ミラン、ロナウド不在で勝てないユーヴェ…セリエA強豪の「エース依存度」比較中村大晃12/1(火) 11:28
  5. 5
    2Aからアマチュアリーグに格下げ 水面下で続いているMLBのマイナーリーグ完全掌握化と激しい生存競争菊地慶剛12/1(火) 12:54
  6. 6
    ドーピング違反から復帰。古賀淳也の水泳人生第2章が始まった矢内由美子12/1(火) 8:00
  7. 7
    フェニックス・リーグ 阪神タイガースの出場全選手成績岡本育子11/30(月) 13:30
  8. 8
    米ツアーは来年も「ほぼ無観客」だが、前向きさに学ぶ「コロナ禍の歩み方」舩越園子12/1(火) 11:50
  9. 9
    久保建英のリーガでスタメンになれない現状。キーワードは「立ち位置」と「バルサのカンテラ」森田泰史12/1(火) 11:27
  10. 10
    ヤクルトの新外国人は「オスナ」か「オスーナ」か。バレンティンは実は「ウラディミール」ではない?菊田康彦11/30(月) 8:00