菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーvol.11

過去23年間にわたりスポーツ紙や通信社の在米通信員を務め、スポーツ報道の現場取材に携わってきた立場から、現在のスポーツメディアのあり方や、報道の裏に隠された真実について考察していく連載有料記事です。

この記事は有料です。
菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーの定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

商品名

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事

菊地慶剛

価格

月額550円(初月無料)

月3、4回程度

22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    長友佑都と吉田麻也が「宙ぶらりん状態」 厳しさ増す森保ジャパン欧州組の今 元川悦子1/29(水) 9:00
  2. 2
    「『選手を続けるのはNPBだけなんです』と」大引啓次が語る引退の経緯、そして現役生活の思い出【前編】 菊田康彦1/29(水) 8:00
  3. 3
    武蔵・片山流「プロ野球選手のつくり方」―無名の高校生・松岡洸希(西武3位)がドラフト指名されるまで 土井麻由実1/29(水) 11:30
  4. 4
    ソフトバンク・バレンティン、五輪最終予選は不参加の意向。新天地でのシーズン優先へ 田尻耕太郎1/29(水) 16:38
  5. 5
    日本代表ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ、2020年からどうしますか?【ラグビー旬な一問一答】 向風見也1/29(水) 12:56
  6. 6
    元近鉄投手、エルビラさん死去 「陽気でメキシコでは英雄」と元同僚。韓国では防御率のタイトルを獲得 室井昌也1/29(水) 19:28
  7. 7
    村田諒太vsカネロはタイソンvsダグラスの再現か?動き出した空前絶後の大一番 三浦勝夫1/28(火) 8:38
  8. 8
    今や世界戦や国体競技に!ゲームを超え、新たなモータースポーツを目指す「グランツーリスモ」 辻野ヒロシ1/28(火) 17:00
  9. 9
    昨年のプロ野球で多かった「名字」は、石川、鈴木、田中、中村、吉田。2球団で勢揃いの一方、皆無の球団も 宇根夏樹1/29(水) 17:35
  10. 10
    【新体操】公開練習に見るフェアリージャパンPOLAの成熟 椎名桂子1/29(水) 11:56