シャキール・オニール2世が1年のブランクを経て遂にNCAAデビュー!

NCAAデビューを飾ったシャリーフ・オニール選手(チーム公式サイトより)

【NBAに続きNCAAバスケが開幕】

 日本人として史上初のドラフト1巡目指名を受けた八村塁選手がNBAデビューを飾り、さらに開幕以降も期待通りの活躍を続け、日本でもNBAへの関心が高まりを見せているようだ。

 そんな中NBAから少し遅れて、11月6日にNCAAバスケもシーズン開幕を迎えたのをご存じだろうか。大学の男子バスケは米国ではNBAに負けないほどの人気を誇り、毎年3月に実施されるNCAAトーナメント(全米大学選手権)は米国最大のスポーツイベントの1つになっている。

 八村選手がNBA入りしてしまったものの、今シーズンもディビジョン1(NCAAで最も高いレベルを指す)に、日本代表にも選出されているテーブス海選手(ノースカロライナ大ウィルミントン校)らが在籍しており、彼らの活躍が注目されるところだ。

 また八村選手がそうだったように、NCAAはNBAを目指す選手たちの登竜門ともいえる舞台だ。ここで活躍した選手たちがドラフト候補選手になり、プロの道に進んでいく。そのため多くのスカウト達がNCAAに熱い眼差しを向けている。

【NBA屈指の伝説選手の息子がNCAAデビュー】

 そんなNCAAで、個人的に高校時代から動向を追っていた1人の選手がデビューを飾った。UCLAに所属する1年生、シャリーフ・オニール選手だ。

 チームの開幕戦となった11月7日のロングビーチ州立大戦で、ベンチスタートからわずか6分間の出場(得点無しで3リバウンド、1スティール)に留まったが、ようやくNCAAの公式戦のコートに立つことができた。

 この選手こそ、NBAで史上最強のセンターと謳われ、殿堂入りも果たしているシャキール・オニール氏の息子さんなのだ。

 今更シャキール・オニール氏の説明をする必要はないと思うが、1992年のドラフトでオーランド・マジックから全体の1巡目指名を受けると、ルーキーシーズンから圧倒的なパワーと216センチとは思えない俊敏な動きでチームの大黒柱として活躍し、瞬く間にリーグ屈指の人気選手に躍り出た。

 最終的にNBAに20シーズン在籍し、NBA王座4回、MVP受賞1回、オールスター戦選出15回等々輝かしい戦績を残し、2014年に殿堂入りも果たしている。引退後も彼の人気は絶大で、TV解説者をはじめ各方面でマルチな活躍をしている。

【昨シーズンは開幕直前に心臓疾患で不運の離脱】

 前段でシャリーフ選手のNCAAデビューを、“ようやく”と表現したのにはワケがある。

 彼は1年生といっても“レッドシャツ1年”(前シーズンは一度も公式戦出場のロースターに入らずに終わったため、もう一度1年からスタートできる)であり、彼は実質UCLA2年目の選手なのだ。

 実はシャリーフ選手は、昨シーズンの開幕直前に心臓疾患が見つかり、それを治すには手術が必要であることが判明。病気治療に専念するためシーズンを棒に振っていたのだ。

 そして手術は無事成功し、今年3月に再びチームに合流することが許可され、こうしてシーズン開幕を迎えることができたのだ。

 心臓自体は問題なくプレーできるまで回復しているものの、地元紙の報道によると、今でも心臓の鼓動を計測する器具を装着して練習を行っている状態だという。

【父シャキールとはまったく違うプレースタイル】

 シャリーフ選手は身長が206センチしかなく体つきも細身で、ポジションも父シャキール氏とは違いスモールフォワードを務めている。

 父のようにダンクシュートを決めることもあるが、フリースローが苦手だった父とは違いシュートタッチも柔らかく、外からのシュートも得意にしている。ポジションの違いもあるので当然ではあるが、そのプレースタイルは父とはまったく異なっている。

 それだけにシャリーフ選手にシャキール氏を重ね合わせるのは、かなり無理があるといっていい。

【現時点でNBA入りできる可能性はごくわずか】

 今ではステフィン・カリー選手のように、元NBA選手の2世選手でも父を上回る活躍をみせ、リーグを牽引するような選手も現れている。そこで気になるのが、シャリーフ選手のNBA入りの可能性だ。

 正直に言って、現時点での彼に対するメディアの評価は決して高いものではない。いや、むしろかなり低い。

 バスケ専門サイトなどで発表している、今シーズンの大学有望選手のランキングでも、自分がチェックした限りではどのランキングにも入っていないような存在だ。心臓の手術を受けたことも影響しているのかもしれないが、現在の位置からシーズン終了間際にドラフト候補選手の仲間入りをするのはほぼ不可能に近いといえる。

【すべては今後の成長次第】

 だが父シャキール氏は高校時代からシャリーフ選手の才能を高く評価し、「NBAでプレーできる才能がある」と言い続けている。

 果たして父の予言は的中するのか。とりあえずはシャリーフ選手がどんな活躍をするのか注視していくしかない。すべては今後の彼の成長にかかっている。

 最後に今回はシャリーフ選手だけにスポットを当てているが、実は彼以外にもスコッティ・ピッペン氏の息子、スコッティ・ピッペンJr.選手が所属するバンダービルト大でシーズン開幕を迎え、1年ながら先発ポイントガードとしてデビューを飾っている。

 こちらも同じく今後の活躍に期待したいところだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    井上尚弥の最強ランキング3位は正当な評価か?真価が問われるWBSS制覇後の戦い 三浦勝夫11/19(火) 7:59
  2. 2
    浅草寺や比叡山も? お坊さんが日本最強のスポーツ「カバディ」とは 平野貴也11/19(火) 8:00
  3. 3
    「プレミア12」決勝で韓国はなぜ侍ジャパンを相手に“日本キラー”を登板させなかったのか? 金明昱11/18(月) 9:14
  4. 4
    「プロ野球選手になりたい!」―BCリーグのトライアウトより 土井麻由実11/19(火) 11:30
  5. 5
    中国に新プロ野球リーグ発足。謎の新リーグCNBLのマネジメントを手掛ける日本人企業家(前編) 阿佐智11/19(火) 8:00
  6. 6
    サッカー韓国代表がブラジル代表とUAEで対戦することになった背景 慎武宏11/19(火) 19:15
  7. 7
    韓国代表はなぜUAEで南米の強豪ブラジル代表と親善試合をすることになったのか? 金明昱11/19(火) 16:16
  8. 8
    「プレミア12」日韓戦でもお目見えした“旭日旗”問題…韓国メディア「憂慮していた事態が起こった」 金明昱11/17(日) 15:02
  9. 9
    森保ジャパンはベネズエラ代表と対戦。相手は”南米最弱”ではない 小宮良之11/19(火) 11:30
  10. 10
    オグリキャップとホーリックスが競り合ったジャパンC。当時のジョッキーに話を伺い、感じた事とは…… 平松さとし11/19(火) 6:30