30歳の遅咲きルーキーがMLBデビュー戦で実の弟から初奪三振! 119年ぶりの兄弟対決が実現

30歳でMLBデビューを飾ったブライアン・モラン投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【30歳の左下手投げ投手がMLBデビュー】

マーリンズが3日にMLB初昇格させていた、左下手投げのブライアン・モラン投手が5日のパイレーツ戦で念願のMLBデビューを飾った。

2009年にマリナーズからドラフト7巡目指名を受けて以来、ずっとマイナーリーグで下積み生活を過ごしてきた。過去にはトミージョン手術を受け、一時は独立リーグにもまわったことがある苦労人だ。初めてメジャーに合流しメディアから取材を受けると、感極まって涙を見せるなど、ずっと夢見続けたMLB昇格だった。

出番が訪れたのは6―5で迎えた4回、2番手投手としてマウンドに送られた。2死からデッドボールを与え走者を出してしまったが、後続の打者をしっかり仕留め、無安打無失点の上々デビューとなった。

【初奪三振は実の弟から】

モラン投手はこの日の登板で、左打者から初三振を奪うことにも成功。左下手投げ投手として左キラーぶりも遺憾なく発揮している。

実はこの左打者が、モラン投手の4歳下の弟、コリン・モラン選手だったのだ。兄が投げた背中から曲がってくるような変化球に身動きできず、見逃し三振を喫した。この記念すべき兄弟対決を、観客席から家族も見守っていた。

【弟はパイレーツの先発三塁手】

弟のコリン選手は、2013年にマーリンズから全体の6位指名を受けた超有望選手だ。翌2014年にアストロズにトレードされたものの順調に進化を続け、2016年にはMLBデビューを飾っている。

そして2017年オフに今度はパイレーツにトレードされ、2018年はシーズン開幕から先発三塁手に大抜擢。さらに今シーズンは三塁のみならず二塁、一塁、左翼でも起用されるなど、ユーティリティ選手としての才能も開花させている。

左打者ながら今シーズンの対左投手打率が.288を残すなど、決して左投手を苦手にしていたわけではないのだが、兄のデビュー戦で三振を献上してしまった。

【MLBデビュー戦での兄弟対決は1900年以来初】

スポーツ関連の記録を専門に扱う『Elias Sports Bureau』によれば、MLBデビュー戦で兄弟対決が実現したのは、1900年以来初の出来事だという。

そんな歴史的な時間を過ごしたモラン投手はMLB公式サイトに対し、以下のような感想を口にしている。

「彼(弟)がバッターボックスに立った時は自分が考えていた以上に緊張した。カウントを悪くして、そこからフルカウントまで戻したところで、スライダーでいこうと考えた。それで打ち取れると思ったんだ。もちろん失投すれば大きなリスクがあったけど、相手のことまで考えたくなかった。まさにハイリスク、ハイリターンな場面だった」

狙い通りに弟を抑え満足そうに話しているモラン投手。今後もMLBの舞台で兄弟対決が実現することを祈りたい。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    「プレミア12」決勝で韓国はなぜ侍ジャパンを相手に“日本キラー”を登板させなかったのか? 金明昱11/18(月) 9:14
  2. 2
    「プレミア12」日韓戦でもお目見えした“旭日旗”問題…韓国メディア「憂慮していた事態が起こった」 金明昱11/17(日) 15:02
  3. 3
    驚異的なレコードで重賞を勝った2歳馬に対する伯楽と名手の評価とは 平松さとし11/18(月) 6:30
  4. 4
    【プレミア12】韓国、決勝戦で日本に逆転負け 大会連覇ならず 室井昌也11/18(月) 8:21
  5. 5
    元F1ドライバー、ティエリー・ブーツェンが魅せた!ポルシェ962Cでの衝撃的なタイムアタック。 辻野ヒロシ11/18(月) 18:18
  6. 6
    プレミア12 日韓決戦を侍ジャパンが制し、大団円を迎える。この大会を野球興隆の契機に 阿佐智11/18(月) 17:30
  7. 7
    【プレミア12】韓国監督が故・加藤博一さん(元大洋)との写真を財布に忍ばせる理由 室井昌也11/12(火) 11:28
  8. 8
    世界一の座をかけて今晩決勝戦のプレミア12。アメリカでの報道は? 三尾圭11/17(日) 11:16
  9. 9
    シーズン開幕を迎えたトンプソン ルークが現役ラストシーズンに臨む思い 菊地慶剛11/18(月) 8:44
  10. 10
    中村剛也は史上9人目の「500本塁打」達成者になれるのか 宇根夏樹11/16(土) 0:01