21歳のアクーニャJr.が史上2番目の若さでシーズン30本塁打&30盗塁を達成!

23日のメッツ戦で今季30盗塁を決めたロナルド・アクーニャJr.選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【23日のメッツ戦で今季30盗塁を達成】

 ブレーブスの若き主砲、ロナルド・アクーニャJr.選手が、23日のメッツ戦で8回に四球で出塁した後に二盗を決め、今シーズンの盗塁数を30の大台に乗せた。

 この結果アクーニャJr.選手は、すでに36本塁打を記録していることから、米国ではオールラウンド打者として高い評価を受ける「30-30クラブ(1シーズンで30本塁打以上+30盗塁以上を記録すること)」の仲間入りを果たすことになった。

 MLB公式サイトによれば、21歳の達成は、2012年に20歳で30本塁打&49盗塁を記録したマイク・トラウト選手に次ぐ、史上2番目の最年少記録だという。

【30-30クラブ達成者はMLBを代表する強打者ばかり】

 改めて30-30クラブについて調べてみると、MLB公式サイト上でチームごとに達成者人数を調べ上げ、ランキング形式にして紹介している記事を発見した。

 それを見ると、達成者たちは皆、MLBで一時代を築いた強打者ばかりだ。また多くの選手が複数回30-30クラブを達成しており、それだけMLBの中でも才能が突出した選手たちの集まりといっていいだろう。

 中でもバリー・ボンズ選手はパイレーツ時代2回、ジャイアンツ時代5回と計7回も30-30クラブを達成している、現在MLBで走攻守揃った最強の打者といわれているトラウト選手でさえ、2012年の1回のみ。ボンズ選手がどれだけ桁外れの存在であったかが理解できるだろう。

【さらに上をいく40-40クラブはわずか4人】

 ところでアクーニャJr.選手の30-30クラブ達成は、ある意味既定路線だった。まだ32試合を残しての達成なので、当然といえば当然だろう。彼がハイペースで本塁打数と盗塁数を伸ばしていく中で、人々の関心は30-30クラブ達成ではなく、「40-40クラブ」に移っていた。

 現時点で36本塁打まで伸ばしているので、40本塁打到達は問題なさそうだ。あとはどれだけ盗塁数を上積みできるかにかかっている。

 ただ1番打者として多くの打席数が与えられる上、出塁率もMLB18位タイの.379を残しており、盗塁を狙える機会は十分にあると考えていいだろう。

 ちなみに過去に40-40クラブを達成した選手は、MLB史上でも1988年のホゼ・カンセコ選手(42本塁打&40盗塁)、1996年のバリー・ボンズ選手(42本塁打&40盗塁)、1998年のアレックス・ロドリゲス選手(42本塁打&46盗塁)、2006年のアルフォンソ・ソリアーノ選手(46本塁打&41盗塁)──の4人しか存在していない。

 果たしてアクーニャJr.選手は、この特別な存在である4人の仲間入りをすることができるのだろうか。興味が尽きないところだ。21歳で40-40クラブ達成となれば、史上最年少記録となることも付け加えておきたい。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    ミクスタの奇跡?小倉に1万5千人集結、ラグビー・ウェールズ代表へ国歌を届ける。関係者も感激の大成功 多羅正崇9/18(水) 5:48
  2. 2
    セガサミーの正捕手、U-23の侍だった喜多亮太がBC・石川からNPBに挑戦《2019 ドラフト候補》 土井麻由実9/18(水) 11:30
  3. 3
    天心が武尊との試合を熱望「お互いがやりたいならやるのが当たり前」 木村悠9/18(水) 6:00
  4. 4
    TKO負けのピンチ…大流血の元統一世界ヘビー級王者を救った「裏方のヒーロー」の活躍とは 三浦勝夫9/18(水) 17:05
  5. 5
    来日2年で計80本塁打以上は、ソトが6人目。両年とも40本以上は4人目。過去3人の3年目は? 宇根夏樹9/18(水) 15:13
  6. 6
    ドラフト会議に向けて“ラストオーディション 2019”―ドラフト候補選手たちの最後の戦い 土井麻由実9/18(水) 19:00
  7. 7
    右利きなのに食事は左手で NBA挑戦が決まった馬場雄大のスゴい努力 大島和人9/17(火) 18:23
  8. 8
    【新体操】Go!夏穂! 自信をもってそのまま!~第37回世界新体操選手権前半10位につける 椎名桂子9/18(水) 11:47
  9. 9
    ほぼアジア杯時のメンバーで完勝した試合で、本来森保ジャパンが試すべきだったこと【ミャンマー戦分析】 中山淳9/18(水) 11:30
  10. 10
    同じチームの4人が「打撃三冠と盗塁王」を独占すれば史上初。現在のパ・リーグ1位はすべて埼玉西武 宇根夏樹9/17(火) 14:26