先頭打者本塁打の球団記録を更新したスプリンガー そこで知っておきたいMLBの先頭打者本塁打記録雑学

先頭打者本塁打の球団記録を更新したアストロズのジョージ・スプリンガー選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【スプリンガーが先頭打者本塁打の球団記録を更新】

 アストロズのジョージ・スプリンガー選手が20日のタイガース戦で、今シーズン27号となる先頭打者本塁打を放った。同選手の先頭打者本塁打はこれで今シーズン10本目となり、自ら2017年に樹立した球団記録を更新することに成功した。

 またアストロズ広報によると、先頭打者本塁打数が9本以上のシーズンを複数回記録したのは、スプリンガー選手がMLB史上2人目のことで、過去には元広島のアルフォンソ・ソリアーノ選手(2003、2006、2007年の3回)しか存在していない。

【通算記録では球団史上2位】

 現在もMLB屈指の強力打線の中で、アレックス・ブレグマン選手に続く本塁打を放っているスプリンガー選手。アストロズ在籍6年目で、すでに148本塁打を記録している。

 それと同時に、在籍2年目の2015年から先頭打者で起用される機会も増えたため、先頭打者本塁打も確実に増やしており、この日の1本を加えると、ここまで通算の先頭打者本塁打数は34本まで伸ばしている。

 ちなみにアストロズの球団記録は、アストロズ一筋20年で通算3060安打を記録し殿堂入りを果たしている、クレイグ・ビジオ選手が保持している53本。この記録にはまだまだ遠く及ばない。

【先頭打者本塁打の年間記録は元広島のソリアーノ】

 せっかくなのでアストロズだけでなく、MLBの先頭打者本塁打の記録をチェックしてみた。記録はすべて『Baseball Almanac』から引用したものだ。

 まず今回スプリンガー選手が球団記録を更新した年間先頭打者本塁打数に関してだが、MLB記録保持者は前述のソリアーノ選手で、2003年のヤンキース時代に樹立した13本。残り試合を考えると、スプリンガー選手が追いつける可能性は十分にありそうだ。

 ちなみにナ・リーグ記録もソリアーノ選手が保持しており、2007年のカブス時代に記録した12本となっている。

【先頭打者本塁打の通算記録保持者は?】

 次ぎに先頭打者本塁打の通算記録を見てみたい。

 こちらは、文句なしでMLB史上最強の先頭打者として君臨してきたリッキー・ヘンダーソン選手が樹立した81本だ。

 MLB在籍25年間でMLB史上最多の2295得点、1406盗塁を保持するなど、野球人生のほとんどで先頭打者を任されてきた選手だけに、先頭打者本塁打数もダントツの1位を誇っている。

 またヘンダーソン選手は在籍25年間の多くをア・リーグのチームに在籍してきており、ア・リーグ記録の73本もヘンダーソン選手が保持している。そしてナ・リーグ記録は、前述のビジオ選手の53本となっている。

 現在アストロズはア・リーグ西地区のため混乱しやすいが、元々チームは1962年の球団創設から2012年まではナ・リーグに所属しており、2007年限りで引退したビジオ選手の記録はすべてナ・リーグに属している。

 ちなみにイチロー選手もマリナーズ時代はずっと先頭打者を任されており、通算で37本の先頭打者本塁打を放っている。これはMLB歴代で4位に相当する。

 スプリンガー選手は現在5位にランクしており、まずはイチロー選手の記録に追いつくことが目標になりそうだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    「あの美女は誰?」女子バレーボール韓国代表の双子姉妹は何者か 慎武宏9/19(木) 7:07
  2. 2
    2019年ドラフトの注目株【3】――三振を取れる投球が魅力のリリーバー・宮田康喜(日本製鉄広畑) 横尾弘一9/19(木) 0:30
  3. 3
    楽天が台湾・ラミゴ球団を買収 日韓ではロッテが両リーグで球団所有の事例あり 室井昌也9/19(木) 14:38
  4. 4
    ヨーロッパに滞在する日本馬4頭の現在とこれから 平松さとし9/19(木) 6:30
  5. 5
    「30本塁打カルテット」を超え、史上初の「30本塁打クインテット」誕生 宇根夏樹9/19(木) 11:22
  6. 6
    中国サッカー協会がフース・ヒディンク 五輪代表監督を“事実上”解任? 指導内容に不満も 金明昱9/19(木) 19:54
  7. 7
    すでに10球団がチーム本塁打の新記録を樹立。ホームラン増の理由は「フライボール革命」よりも… 宇根夏樹9/19(木) 16:46
  8. 8
    アーリーカップ初参戦&初優勝した京都に高さという武器をもたらした現役大学生ポイントガード 菊地慶剛9/19(木) 9:00
  9. 9
    受け継がれる意志を後世にも――。日比野菜緒が単複制した、広島開催女子テニスツアーを戦う者たちの想い 内田暁9/19(木) 12:17
  10. 10
    大坂なおみが、大阪で凱旋勝利、PPOテニスベスト8へ「大坂が、大阪で勝ったらいいんじゃないかな!?」 神仁司9/19(木) 6:00