シーズン200奪三振に一番乗りのゲリット・コール 1900年以降史上2番目のスピード達成

1900年以降史上2番目の速さでシーズン200奪三振に到達したコール投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【今季200奪三振一番乗りのゲリット・コール】

 アストロズのゲリット・コール投手が22日のアスレチックス戦に先発し、7回1失点の好投を演じ、今シーズン11勝目を挙げた。

 また同投手はこの試合で11奪三振を記録しており、今シーズンMLBを通じて一番乗りとなる200奪三振の大台に到達している。コール投手にとってシーズン200奪三振達成は、パイレーツ時代の2015年、2018年に次ぐ3度目の快挙だ。

 現時点でMLBの奪三振部門は、コール投手が205で単独1位にランク。2位のマックス・シャーザー投手(181)を大きく引き離しており、まさに独走状態に入っている。

【今季は先発22試合中12試合で2桁奪三振を記録】

 今シーズンのコール投手は開幕から、破竹の三振奪取が続いている。

 22日のアスレチックス戦が今シーズン22度目の先発となったが、6月7日のオリオールズ戦で記録した14奪三振を筆頭に、何と22試合中12試合で2桁奪三振を記録しているのだ。

 9イニング当たりの三振奪取率も驚異の13.50。もちろんMLB全体でも文句なしで1位にランクしている。

【1900年以降史上2番目のスピード記録】

 ESPNによると、今回コール投手は133.1イニングで200奪三振に到達しており、現代野球が始まったとされる1900年以降では、史上2番目のスピード記録だという。

 ちなみに最速記録は、2001年のランディ・ジョンソン投手で、130.2イニングで200奪三振に到達している。

 このシーズンのジョンソン投手は、最終的に彼のMLB在籍22年間で自己最多となる、372奪三振まで記録を伸ばしている。これはMLB史上歴代3位(同じく1900年以降)にランクする金字塔になっている。

【シーズン奪三振数歴代1位は伝説の剛速球右腕】

 それでは、シーズン奪三振数の歴代1位保持者は誰なのか。これはMLBファンなら誰でも想像がつくところだろう。

 「ライアン・エキスプレス」の異名で知られ、MLB在籍27年間で通算5714奪三振を積み上げてきたノーラン・ライアン投手だ。この通算記録もMLB歴代1位に輝いている。

 彼は27年間で計6度のシーズン300奪三振を達成しているのだが、その中で自己最多となっているのが、26歳で迎えた1973年に記録した383奪三振で、これがMLB歴代1位になっている。

【2000年以降300奪三振達成はジョンソン以外わずか4人】

 ただここ近年では、シーズン300奪三振を達成すること自体がかなり難しくなっている。

 2000年以降でみると、ジョンソン投手が3度(2000、2001、2002)達成したのを除くと、2002年のカートシリング投手(316)、2015年のクレイトン・カーショー投手(301)、2017年のクリス・セール投手(308)、2018年のシャーザー投手(300)──とわずか4投手しか存在しない。

 果たしてコール投手は、残り2ヶ月で2001年のジョンソン投手にどこまで近づくことができるのだろうか。非常に楽しみなところだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    ホークス柳田まさかの珍プレー「ボールが星に見えた」 田尻耕太郎8/16(金) 21:15
  2. 2
    50本以上のホームランを打ちながら「本塁打王」になれなかった選手たち。MLBは9人、日本プロ野球は… 宇根夏樹8/17(土) 16:33
  3. 3
    プレーオフ第2戦こそが正念場。タイガー・ウッズ、松山英樹の可能性はいかに? 舩越園子8/17(土) 16:22
  4. 4
    「日本女子ツアーでプレーする韓国人は確実に減っていく」 イ・ボミら韓国選手の勢いがなくなったワケ 金明昱5/13(月) 11:45
  5. 5
    新生アトレティコと、ジョアン・フェリックスの存在感。シメオネの3トップへの挑戦。 森田泰史8/17(土) 6:12
  6. 6
    【新体操】世界選手権目前! W杯ミンスク大会、皆川8位、大岩10位、団体2位と好発進! 椎名桂子8/17(土) 13:46
  7. 7
    【男子新体操】これはエンターテインメントだ! ある意味、カジツ化した?名取高校の団体演技に注目! 椎名桂子8/16(金) 13:41
  8. 8
    ATPマスターズ1000でベスト8躍進の西岡良仁 その源泉は、経験則と“考える力”にあり 内田暁8/17(土) 2:13
  9. 9
    たどり着いたスペインで香川真司が描く未来。 豊福晋8/16(金) 20:30
  10. 10
    「箕島-星稜」から40年 星稜が智弁和歌山と3回戦で激突!   森本栄浩8/14(水) 16:30