菊地慶剛の“本音”取材レポートvol.50

米国で24年間に渡りMLBを中心に各種スポーツの取材を経験し、現在は日本でスポーツライターとして活動を続けながら、日々の取材の中で溜まっていく一般記事には出せないエピソードや裏話を語っていきます。

この記事は有料です。
菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーのバックナンバー2019年7月サンプル記事

菊地慶剛

価格

550(記事3本)

2019年7月号の有料記事一覧

すべて見る

22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「タイガー・ウッズのための変更か?」と忖度も指摘され、揺れ始めた世界ゴルフ殿堂 舩越園子1/22(水) 12:35
  2. 2
    菅野に千賀、上野由岐子だけじゃない!今年の「鴻江キャンプ」は若手逸材の宝だらけだった! 田尻耕太郎1/22(水) 8:57
  3. 3
    女子セリエAに挑戦したなでしこリーガー。國澤志乃が直面した2つの“人生初”と、激動の5カ月間 松原渓1/22(水) 7:00
  4. 4
    日本サッカー協会との比較もあるが…韓国の「12年・240億円」の契約は得か損か 慎武宏1/21(火) 16:41
  5. 5
    MLB殿堂入り投票「B・ボンズは今回も落選だが、将来は別ルートで可能性あり?」 豊浦彰太郎1/22(水) 9:22
  6. 6
    プロ野球OBのファン交流イベントが3月福岡で。元西武・石毛氏や元巨人・入来氏らが参加 田尻耕太郎1/22(水) 15:32
  7. 7
    伊藤、杉田、日比野――全豪オープンで初戦突破した三者が、それぞれ辿った紆余曲折と切磋琢磨の道 内田暁1/22(水) 8:41
  8. 8
    互いに認め合う天才、武豊騎手とフランキー・デットーリ騎手のエピソード 平松さとし1/21(火) 6:30
  9. 9
    中学硬式野球日本一決定戦のジャイアンツカップで「投球数制限」が実施決定。現場の声を聞く 高木遊1/21(火) 18:10
  10. 10
    たっちゃん、勝利の雄叫び! 伊藤竜馬が、右ひじの手術を乗り越え全豪テニス初戦突破! 次はジョコビッチ 神仁司1/22(水) 6:00