MLBに新たなトレンド!? シーズン開幕前に契約延長するベテラン選手が続出するワケ

アストロズと契約延長に合意したと報じられたジャスティン・バーランダー投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【シーズン開幕前に契約延長ラッシュが続くMLB】

 マイク・トラウト選手が現地20日に、年俸総額、平均年俸額ともにMLB史上最高額(12年総額4億2650万ドル)でエンゼルスと契約延長に合意したことで大きなニュースになったばかりだが、実はMLBではベテラン選手たちの契約延長が相次いでいる。

 チームの正式発表順に見ていくと、まずレイズが21日にブレイク・スネル投手との契約延長(報道ベースで5年総額5000万ドル)を発表し、次いでアストロズがアレックス・ブレグマン選手(同5年総額1億ドル)、ホワイトソックスがエロイ・ヒメネス投手(同6年総額4300万ドル)、レッドソックスがクリス・セール投手(同5年1億4500万ドル)、カージナルスがポール・ゴールドシュミット選手(5年総額1億3000万ドル)――の契約延長に合意している。

 さらに23日になって、ジャスティン・バーランダー投手がアストロズと2年総額6600万ドルで契約延長したと報じられており(すでにアストロズ広報から記者会見開催のリリースが届いているので契約合意はほぼ確定的)、またメッツもスプリングトレーニング中、ジェイコブ・デグロム投手と契約延長の交渉を続けているといわれている。

【ラッシュの契機となったのはノーラン・アレナド?】

 わずか4日間の短い期間で、セール投手やバーランダー投手ら大物を含めこれだけの選手たちが契約延長に合意しているのだ。ただトラウト選手以前にも、このスプリングトレーニング中は多くの選手が契約延長に合意している。ライアン・プレスリー投手(アストロズ)、ブランドン・ロー選手(レイズ)らも、そうした選手たちだ。

 中でも注目を集めたのが、スプリングトレーニング開始早々にロッキーズと契約延長に合意したノーラン・アレナド選手だろう。その契約内容は平均年俸額3000万ドルを超える7年総額2億6000万ドルというもので、FA権取得前でもFA選手並みの大型契約を得たという事実は衝撃的に迎えられた。

【停滞続きのFA市場が選手の意識を変化させた?】

 これだけ多くの選手たちが契約延長に合意しているのは、この2年間すっかり冷え込んでしまったオフのFA市場と無関係ではないだろう。大物選手といえども契約交渉は難航を極め、今なおダラス・カイケル投手とクレイグ・キンブレル投手の所属先が決まっていない。

 さらにカルロス・ゴンザレス選手やジオ・ゴンザレス投手、メルキー・カブレラ選手等々、多くの実績あるベテラン選手たちが結局マイナー契約しか結べていない状況を考えれば、選手たちがFA市場に危機感を抱き始めたとしても仕方がないところだろう。

 そんな状況下でアレナド選手、トラウト選手がFA選手以上の大型契約で契約延長に成功したことで、今後さらにFA権取得前に契約延長に応じる選手が増えていきそうだ。

 もうFA市場に明るい未来はないのだろうか。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    200年に一人の天才ボクサーが語る「いつまでもパッキャオvs.メイウェザーに拘るな」 林壮一4/24(水) 0:10
  2. 2
    平成の高校野球10大ニュース その2 1996年/奇跡のバックホーム 楊順行4/24(水) 0:01
  3. 3
    湯浅投手が公式戦初先発で初勝利!クマシマコンビもタイムリー《阪神ファーム》 岡本育子4/24(水) 18:00
  4. 4
    「韓国とポーランドのサッカーは少し似ている。日本のサッカーは…」大邱FC西翼が語った3カ国の違い 金明昱4/24(水) 8:49
  5. 5
    シェーファー・アヴィ幸樹が経験したウォークオンの選手としてNCAAでやるメリットとデメリットとは? 青木崇4/24(水) 12:09
  6. 6
    セーブを稼ぎまくる2人。12勝のチームで11セーブと13勝中11セーブ。シーズン記録の更新は!? 宇根夏樹4/24(水) 16:02
  7. 7
    【新体操】第1回世界ジュニア選手権への切符を手にした喜田未来乃の「恐るべきDNA」 椎名桂子4/24(水) 10:56
  8. 8
    椿事の連鎖反応。投手が代走、DH解除、10年目の内野手デビュー、無走者からの敬遠、投手が代打 宇根夏樹4/24(水) 11:44
  9. 9
    森新監督の下で変貌を遂げた浦和が2位浮上。なでしこリーグの勢力図を塗り替えるか? 松原渓4/24(水) 13:00
  10. 10
    日本では「セクシー」ばかりが強調されるアン・シネの意外なもうひとつの“顔”とは? 慎武宏2018/6/14(木) 7:11