ロボット審判導入の布石!? MLBが独立リーグと業務提携へ

独立リーグとの業務提携を発表したMLBのロブ・マンフレッド=コミッショナー(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 MLBは現地26日、米国の有力独立リーグである『アトランティック・リーグ』と3年間の業務提携を結んだことを発表した。ツイッターのMLB広報公式アカウントでも、以下のようにツイートしている。

 アトランティック・リーグは1998年に設立された米国内にある独立リーグの1つで、米国北東部を拠点に2地区制計8チームでリーグ戦を行っている。過去には殿堂入りしているリッキー・ヘンダーソン選手やティム・レインズ選手らも在籍してことがあり、レベルの高い独立リーグとして知られている。

 今回の業務提携はMLB側の遠大な戦略によるものだ。『Baseball America』の報じたところでは、ロボット審判を含めた将来的にMLBが導入を目指している装置、規則を試験的に試す場としてアトランティック・リーグを活用するのだという。

 MLBでは早速アトランティック・リーグ全8チームの球場に最新鋭のトラッキング装置を設置し、MLB同様にあらゆるデータを集積するととともに、それらのデータはすべてMLB全チームに提供される予定だ。

 データ集積の一番の目的は、MLBが検討しているマウンドの移動やロボット審判を採用した際の試合の影響度をデータとして確認するためだ。マイナーリーグを含め公式戦でいきなり採用できない装置やルールを、まずはアトランティック・リーグで試してもらい、そこからのフィードバックを元に将来的な運用を検討していくことになる。

 そうした試みは早速今シーズンから実施していくようで、その1つとしてトラッキング装置の完備後は『トラックマン』のソフトウェアを使用したロボット審判にストライク、ボールの判定を任せることになるようだ。

 MLBがアトランティック・リーグを選んだ大きな理由は、前述のようにMLBでも実績のあるベテラン選手たちが同リーグに在籍するケースが多く、彼らに試してもらうことでMLBにも反映できるデータを得られると考えたからだろう。

 今後のアトランティック・リーグは、MLBの未来図になっていきそうだ。当然のごとく注目していくしかないだろう。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    時給950円の牛丼バイトから年俸1250万円の投手に。ホークス泉圭輔が初契約更改で笑顔 田尻耕太郎12/6(金) 11:29
  2. 2
    最も栄光から遠ざかっている球団。パ・リーグはオリックスで決まりだが、セ・リーグは… 宇根夏樹12/6(金) 9:26
  3. 3
    2019年Jリーグベストイレブンにふさわしいのは?「チームプレーヤー」がカギ。 小宮良之12/6(金) 11:30
  4. 4
    最強王者ロマゴンが日本で復帰 井岡一翔が王者のスーパーフライに照準か 木村悠12/6(金) 6:00
  5. 5
    9年前、ヤクルト入り目前で破談になった韓国のエース ラス投で胴上げ投手となって引退 室井昌也12/6(金) 15:00
  6. 6
    NPB初、「アフリカ人選手」誕生。「野球不毛の地」、アフリカと野球の浅からぬ縁 阿佐智12/6(金) 7:30
  7. 7
    韓国の21歳右腕が急逝 彼に「新世界」を見せたDeNAトレーナーが別れを惜しむ 室井昌也12/5(木) 11:29
  8. 8
    トッティ以来の欧州得点王にラツィオのエースが? セリエ新記録も期待のインモービレ 中村大晃12/6(金) 7:33
  9. 9
    「奇跡の投手」がプロ10年目で開花。ホークス川原弘之、初の年俸1000万円超。 田尻耕太郎12/4(水) 11:51
  10. 10
    続続・師走の京都の風物詩!? スター選手が勢揃いの「アスリートワールド学童野球教室」 土井麻由実12/6(金) 11:30