ダイヤモンドバックスがWC決定戦で電子時計を不正使用か?

地区シリーズ進出を決めたダイヤモンドバックスだが…(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 4日に行われたナ・リーグ地区シリーズの最後の一枠を賭けて争われたワイルドカード決定戦。ダイヤモンドバックスが同地区対決を制し、11-8でロッキーズに勝利した。

 『New York Post』紙のジョエル・シャーマン記者が報じたところでは、この試合でダイヤモンドバックスのコーチが電子時計を不正使用していた可能性があるとして、MLBが調査に乗り出しているという。

 電子時計を使用してしたのはアリエル・プリエト=コーチだ。MLBが疑問を抱いているという写真をPost紙が入手したところでは、プリエト=コーチがベンチ内で電子時計に何か表示されているものをチェックしている姿が映し出されているということだ。MLBではプリエト=コーチが何の目的のために電子時計を使用していたのかを確認するため、ダイヤモンドバックスに確認を求めている。

 今年8月にも、レッドソックスがヤンキース戦でサイン盗みのためにアップルウォッチを使用していたという疑いがかけられ、MLBが調査を行ったばかり。その際はMLBからレッドソックスに対し罰金処分(金額は未公表)が科せられていた。

 この事態を受け、ロブ・マンフレッド=コミッショナーは全30球団に声明を送付し、ベンチ内での電子危機不使用の徹底と、今後規則を破った場合はドラフト指名権剥奪などの重罰を科す可能性を通達していた。

 MLBは全チームに対し、MLBから提供されたインターネットに接続できないラップトップ・コンピュータ以外の電子機器をベンチに持ち込むことを禁止している。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    「チキ・タカ」は衰退したのか。ロシアW杯における実力差の拮抗と、弱者の兵法の常態化。 森田泰史7/18(水) 6:11
  2. 2
    W杯3位決定戦を見て思う「日本がイングランドになっていた可能性」 杉山茂樹7/18(水) 13:00
  3. 3
    「1試合ごとにできることが増える」。今季2勝目のC大阪堺レディース、好転のきっかけを作った3つの要素 松原渓7/18(水) 7:00
  4. 4
    新人でもないのに、ホームラン・ダービーの本数が通算本塁打を上回る。こんな選手、過去にいた!? 宇根夏樹7/17(火) 23:01
  5. 5
    アルゼンチン人コーチが語る「ロシアワールドカップを振り返って」 林壮一7/18(水) 0:01
  6. 6
    村田諒太がビーチで語ったW杯日本代表への“素朴な疑問”とは? 藤村幸代7/18(水) 21:49
  7. 7
    米国の「根性合宿」から、虐待的指導と集中的トレーニングの違いを探る。 谷口輝世子7/18(水) 7:07
  8. 8
    オールスターのスタメン発表。2つの史上初を生んだのは、そこに名前のない捕手だった 宇根夏樹7/17(火) 15:13
  9. 9
    サンウルブズ姫野和樹、レッドカードへの対応を悔やむ。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也7/18(水) 18:00
  10. 10
    30年以上ぶりにMLBに選手兼任監督は誕生するのか? 菊地慶剛7/18(水) 12:22