ダルビッシュ有がMLB最速で1000奪三振を達成

MLB史上最速で1000奪三振を達成したダルビッシュ有投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 ドジャースのダルビッシュ有投手が8日、ロッキーズ戦に登板し、MLB史上最速となる1000奪三振を達成した。

 記念達成の瞬間は4回に訪れた。無死1塁で2番カルロス・ゴンザレス選手からこの日6個目となる空振り三振を奪い、通算1000奪三振に到達した。128試合目での達成は、ケリー・ウッド投手の134試合目を下回りMLB最速記録を塗り替えた。

 2012年にレンジャーズ入りしたダルビッシュ投手は、2013年に277でア・リーグ最多奪三振のタイトルを獲得。ここまで9イニングあたりの平均奪三振数11.06は、700イニング以上投げた投手の中でMLBトップにランクしている。

 7月31日にドジャース移籍以降、今回で6試合目の登板となるが、9イニングあたりの平均奪三振数は11.8と高水準をキープしているが、その一方でこの日も5回途中で降板するなど、6試合中2試合しかクォリティ・スタート(6イニング以上3失点以下)を記録できていない。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    オルフェーヴルの池添が、ダービージョッキーとなって初めて話せた話とは平松さとし5/28(木) 6:30
  2. 2
    「キャディは必要?不要?」で意見分かれる米ゴルフ界。コロナ禍で揺らいだキャディの立ち位置舩越園子5/28(木) 7:00
  3. 3
    53歳でのチャリティー・マッチ復帰を匂わせたマイク・タイソンが選んだリングはプロレスだった?!三尾圭5/28(木) 17:24
  4. 4
    高校時代に大谷翔平に投げ勝った右腕 プロ7年目の初先発で初勝利<韓国KBOリーグ>室井昌也5/28(木) 22:13
  5. 5
    ゴロフキンが日本人と戦った試合はどう実現したのか。中屋一生氏が明かす交渉の舞台裏杉浦大介5/28(木) 9:00
  6. 6
    マイナビ仙台は充実補強で復活の狼煙。自粛期間も焦らず「全員が同じ状態でスタート地点に立つ必要はない」松原渓5/28(木) 8:00
  7. 7
    本人も驚きのホームラン量産◆8試合連続アーチ◆先頭打者から7連続奪三振…【5月28日のMLB】宇根夏樹5/28(木) 6:30
  8. 8
    自粛期間中は「個」を磨く。なでしこリーグ5連覇中のベレーザはコロナ禍をどう乗り切る?松原渓5/27(水) 8:00
  9. 9
    「いまKリーグで最も危険なFW」は元Jリーガー。北朝鮮代表FW安柄俊、3試合連続ゴールの衝撃金明昱5/27(水) 16:30
  10. 10
    「高校野球 夏の甲子園大会中止」と「9月入学見送り」の残念な共通点豊浦彰太郎5/28(木) 8:30