無投球敬遠は本当に有効なのか?

もうMLBでこんなシーンが見られることはないのだろうか?(写真:ロイター/アフロ)

新ルールによるシーズンが開幕してから1ヶ月以上が経過した。ちょっと敬遠に関するデータをチェックしてみた。

5月16日現在で、ナ・リーグは全283試合で計137、ア・リーグでは282試合で77の敬遠が記録されている。つまりナ・リーグでは1試合平均0・484、ア・リーグに至っては0・273の割合でしか敬遠が採用されていないのだ。

あくまで単純計算ではあるが、無投球敬遠によってセーブできる時間は1分程度だろう。つまりここまで新ルールによって短縮できている時間は、ナ・リーグで31・944秒、ア・リーグで16・38秒でしかないということになる。とてもではないが、マンフレッド・コミッショナーの希望通りに新ルールが試合ペースを改善できているとは言い難い。

残念ながら新ルールは時間短縮に大きな効果はない一方で、これまで何度も指摘されていた通り、これまで敬遠で起きていたドラマティックなハプニングを奪ってしまった。どう見てもデメリットの方が大きいとしか思えない。

Remembering the four pitch IBB

実はMLB公式サイトでは今年4月に、敬遠がなくなってしまったことを惜しむような動画を制作し公開している。またYouTube上でも昨年4月にアップされた過去にMLBで敬遠の際に起こったドラマを集めた動画集がアップされていたのだが、そこには100を超えるコメントが寄せられており、その大半が新ルールに懐疑的な意見ばかりだった。MLBの現場は賛成意見も出たりしているが、これが偽らざるファンの反応だと考えていいだろう。

常に改善の努力を惜しまないMLBの姿勢は、NPBも見習うべきものがあると思っている。だが明らかに疑問が残る改善策についてはすぐに取り止める勇気も必要だろう。マンフレッド・コミッショナーの英断に期待したい。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、現在まで米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を再認識し、2017年から日本に拠点を移し取材活動の傍ら、近畿大学で教壇に立ち大学アスリートの自己啓発を目指す。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。
  1. 1
    ネイマール退団で、浮き彫りとなったシャビの存在感。布陣変更では補えない「操舵士」の不在。 森田泰史8/18(金) 17:25
  2. 2
    望月投手153キロ、才木投手152キロ、原口選手と西田選手が1号《8/17 阪神ファーム》 岡本育子8/18(金) 19:15
  3. 3
    史上3人目!杉田祐一が、28歳でプロテニスプレーヤーとしてつかんだ大きな勲章 インタビューPart1 神仁司8/18(金) 6:00
  4. 4
    NBA王者の主力選手がホワイトハウス訪問辞退を表明 菊地慶剛8/18(金) 13:48
  5. 5
    ダルビッシュが逃した「チーム初先発から3試合連続2ケタ奪三振」をチームメイトは成し遂げている 宇根夏樹8/18(金) 17:27
  6. 6
    ジャッジは三振の連続試合をどこまで伸ばす。MLB新記録のXデーは8月22日か 宇根夏樹8/18(金) 14:20
  7. 7
    【シンシナティ・マスターズ】“笑顔“と“静ひつなまでの集中力”――喜び抱え戦う杉田が初のベスト8へ  内田暁8/18(金) 20:41
  8. 8
    松井大輔インタビュー【前編】「先の見えない場所に身を置きたい」 中山淳8/18(金) 16:55
  9. 9
    ユーヴェが王座陥落、優勝はナポリ? 『ガゼッタ』がセリエの順位を予想 中村大晃8/18(金) 16:30
  10. 10
    トップリーグ今夜開幕! 19年W杯代表への壮大な「セレクションマッチ」を楽しもう! 永田洋光8/18(金) 7:12