ゾンビ・パンデミック終焉。しかし本当の恐怖はそこから始まる…異色ゾンビ映画『CURED キュアード』

街に解き放たれた感染者たち
街に解き放たれた感染者たち

 

 異色のゾンビ映画です。ゾンビといっても、死者が復活するリビングデッド系ではなく、ウイルスによって生者が凶暴化するバイオハザード系の“走るゾンビ”。で、なぜ異色かというと、“ゾンビ・パンデミックの終焉後を描いた映画”だからです。

 新種の病原体“メイズ・ウイルス”に感染した人々が凶暴化して他人に噛み付くという異常事態に襲われた近未来のヨーロッパ。中でもアイルランドは壊滅的な被害を受けてしまいました。それでも数年後には人類はその治療法を発見。感染者のうち75%の人々は“回復者”と認定され、社会復帰の方法が模索されています。セナン(サム・キーリー)もそんな一人。シングルマザーの義姉アビー(エレン・ペイジ)を身元引受人に、収容所を出ることになりました。しかし、残りの25%の感染者は治療不可として隔離施設に収容されたままで、一般市民は回復者も怪物とみなして危険視しています。

 街では回復者が襲撃される事件が続出し、アビーにも嫌がらせが行なわれることに。しかも回復者たちには人間を襲った時の記憶が残っていて、PTSDに苛まれてしまうのです。政府が感染者を安楽死させようという方針を固める中、身の危険を感じた一部の回復者たちは社会に対する不満から過激なグループを結成。社会への復讐テロとして、隔離施設を襲撃、街に感染者たちを解き放ってしまいました…。

 ゾンビ映画の熱狂的ファンだというデヴィッド・フレインが監督・脚本を手がけた作品(長編デビュー作)。主演のペイジが製作も兼任し、サポートに回っています。

 ゾンビを通して、人種差別、移民問題など、現代の分断社会の状況を反映させた映画。他者に対する恐怖や不安が、どんな悲劇を巻き起こしてしまうのか…。ゾンビだった時の、人間を噛み殺した時の忌まわしい記憶に苦しむ回復者たちの内面に迫った作品でもあります。ペイジは夫をパンデミックの中で失いながら、義弟を受け入れようとする女性の揺れる気持ちを繊細に演じています。もちろんホラー映画ですから、そちら方面の見せ場もいっぱい。前半の静かな展開から一転して、感染者たちが街にあふれ出すクライマックスは、ディザスター・パニックとしての絶望感がたっぷりです。

 新型コロナウイルスが蔓延している現在だからこそ、いろいろと考えさせられる作品でもありました。

(『CURED キュアード』は3月20日から公開)

配給:キノフィルムズ

(c)Tilted Pictures Limited 2017