恋に破れたハーレイは、自立する女性を目指す!?『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』

ワールド・プレミアに出席した出演者たち、右から2人目が主演のマーゴット・ロビー(写真:REX/アフロ)

 2016年に公開された『スーサイド・スクワッド』。DCコミックスのヴィラン(悪役)を集めたこの映画で、主演格だったウィル・スミスを差し置いて圧倒的な人気を獲得したのが、マーゴット・ロビー扮するハーレイ・クインでした。

 悪のカリスマでバットマンの宿敵であるジョーカーの恋人。バットを振り回す凶暴さと無邪気な可愛さが同居する彼女は、スクリーン初登場にして世界的な人気キャラクターになったのです。そんな彼女の単独主演作として作られたのが、本作『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』。なんと、本作のプロローグでハーレイは、前作で「プリンちゃん」と呼ぶほど首ったけだったジョーカーと破局してしまうのです。これにはびっくり! 

 彼氏と別れたことで、すべての束縛から解放されたハーレイ。しかしそれは同時にジョーカーの庇護を離れたことにもなってしまいました。もともとモラルのない彼女は天真爛漫に大暴れを続けていて、町中の悪党の標的になることに…。そんな中、彼女はスリの少女カサンドラ・ケインと出会ったのをきっかけに、裏の世界を牛耳る残忍なボス、ブラック・マスク(ユアン・マクレガー)と敵対するハメになりました。ハーレイは、女性だけの新チームを結成して対決を決意します。

 コミックスの映画化ですが、宇宙人や超人は出てきません(メンバーの一人、ブラック・キャナリーが音響兵器みたいな能力を見せますが)。銃撃や殴り合い、クロスボウなどを使った激闘が描かれていきます。同じゴッサムシティが出て来ても、『ジャスティス・リーグ』とはまったく違った世界観の作品。印象としてはグロテスクなアクション・コメディ。残酷なシーンが乾いたユーモアとともに描かれていきます。カーアクションなどはかなりの迫力。

 そして、最近流行りの「ヒーロー不在のガールズ・ムービー」の部分が前面に出ています。かつては「ジョーカーの恋人」というポジションだったハーレイが「自立するヒロイン」に変わっているのです。彼女のみならず、チームを結成するハントレス(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)、ブラック・キャナリー(ジャーニー・スモレット=ベル)、レニー・モントーヤ(ロージー・ペレス)のすべてが、「男の手を必要としない」という共通点を持っています。マーゴットはお気に入りキャラであるハーレイの主演作を作るにあたり製作も兼任。実に楽しそうにこの役を演じていて、今回は困り顔がとてもキュート。監督はサンダンス映画祭で注目されたキャシー・ヤンが担当。スーパーヒーロー映画を監督した初のアジア人女性になりました。

 特筆すべきはサイコな悪役をなんとも憎々しげに演じているユアン・マクレガーの怪演。その下司っぷりは見ごたえたっぷりなのです。

(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は3月20日から公開)

配給:ワーナー・ブラザース映画