残虐で不快につき鑑賞注意! 実在した殺人者の日常を淡々と描く『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

 最初に警告しておきます。この映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の描写はきわめて残虐で、観客に不快感をもたらします。実際に上映開始後に気分が悪くなって試写室を出て行った人もいますので、十分に覚悟をした上でご覧ください。

 と言っても、この映画はホラー映画でもサスペンスでもありません。1970年代のドイツ・ハンブルクに実在した連続殺人犯の日常を、まるでドキュメンタリーのように淡々と描いた作品なのです。監督は『女は二度決断する』のファティ・アキン。

 若いころの事故で鼻の骨を折り、斜視になったフリッツは、お世辞にもハンサムとは言えない顔つきの中年男。学も無く下品な肉体労働者で、場末の安酒場の常連になって、居合わせた女に酒をおごってはお近づきになろうとする毎日です。本人もアルコール依存症ぎみ。女好きで、街角で目にした美少女との妄想を抱きつつも、実際に手を出せるのは老いて容色の衰えた娼婦ばかり。そんな女たちを自宅に招き入れ、彼は衝動的に殺してしまいます。しかも死体を外に捨てに行く度胸もなく、自分が住む屋根裏部屋(何枚ものヌード写真が壁いっぱいに張り付けられています)の壁に塗りこめていくのです。

 “殺人の美学”などかけらもない、動物のように短絡的な犯行。いつも欲望に目をギラギラさせるフリッツは、どうしようもなく醜悪です。彼がやることといったら、中年の女に娘を連れてくるように命じたり、亭主持ちの女に無理やり襲いかかったりとモラルのかけらもないことばかり。そんな“最低最悪のモテない君”の日常を、アキン監督はひたすらに追いかけていきます。カメラを据えっぱなしにして、不器用で殺伐とした殺人や死体損壊の様子を映し出すのです。まるで死体の腐敗した臭いが画面から漂ってくるかのよう。

 本来、映画の世界ではドラマチックであるはずの殺人シーンも、ここでは単なる日常にすぎず、セックス・シーンにもエロチシズムは皆無。リアルで生々しい描写の連続は、時にコミカルな味もおびていきます。フリッツ関連だけでなく、彼が常連となっている酒場やそこに集まる客の描写も強烈で、この場末感というか吹き溜まり感は半端なものではありません。彼らを通しても“人の心の中の闇”を痛感させてくれるのです。

 主人公のフリッツに扮したのは、本来は二枚目の22歳ヨナス・ダスラー(『僕たちは希望という名の列車に乗った』)。毎日3時間の特殊メイクを施し、実年齢よりも20歳近く年上のフリッツに変身し、見事な演技を見せてくれます。

(『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は2月14日から公開)

配給:ビターズ・エンド

(c)2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathe Films S.A.S./Warner Bros. Entertainment GmbH