ミステリー・ファンにおススメ。この真相を見破れるか?『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

Photo Credit: Claire Folger

 ニューヨーク郊外の豪邸。世界的ミステリー作家にして大富豪のハーラン(クリストファー・プラマー)が、85歳の誕生日を祝うパーティーの翌朝、死体で発見されます。パーティーのために集まった家族は一癖も二癖もある者ばかり。全員が容疑者? そこに、名探偵と名高いブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)が匿名の人物からの調査依頼を手に現れるのです。さらに、故人の遺言状が公開されたことで事態は急変し…。

 本作『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』はこのように幕を開けます。さながらアガサ・クリスティーあたりが書きそうな本格ミステリーの味わいです。実際に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督はクリスティーにオマージュを捧げているのですが、そんな先入観を持って観ると、驚かされること請け合いなのです。

 監督自ら「ネタバレ厳禁」と言っている作品なので詳しいことは語れませんが、“館ものの本格ミステリー”だと思って観ていると、かなり早い段階で事件の構造(らしきもの)が見えてきます。「なるほど、こういう趣向のサスペンスだったのか…」と観客が思ったころ、さらに意外な事実が判明して真相は二転三転。ミステリー・ファンなら大喜びしそうな展開の作品です。

 キャストも、クリス・エヴァンス、ジェイミー・リー・カーティス、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、トニ・コレットなどの強烈なキャラが揃い、そろって秘密を抱えた家族たちを巧演。特に、“嘘をつくと吐き気を催してしまうため真実しか語れない”という設定の看護師に扮したアナ・デ・アルマス(『ブレードランナー2049』)がヒロイン的なポジションをつとめ、印象に残ります。

 そしてダニエル・クレイグが007=ジェームズ・ボンドとはまったく違った飄々とした役作りで、風変わりな名探偵を楽しそうに演じています。本当に有能なのか、観客も疑ってしまうような風情と、ラストの謎解きの切れ味のギャップはまさに絶品。他の事件での活躍も見てみたくなりました。

 監督・脚本のジョンソンによる全体をユーモアで包んだ演出、軽快でしゃれた音楽の使い方など、見どころのつまったエンターテインメント作品です。

(『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は1月31日から公開中)

配給:ロングライド

Motion Picture Artwork (c) 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.