ヒップホップ・レジェンドSEEDAの楽曲にインスパイアされた『花と雨』挫折と苦悩の果てに見たものは…

 数多くのアーティストに影響を与えてきた日本のヒップホップ界のレジェンド、SEEDAが2006年に発表したアルバム『花と雨』と同名曲にインスパイアされて作られた映画。といっても、ラッパーのサクセスストーリーではありません。一部SEEDA(原案と音楽プロデュースを担当)自身の人生と重なる要素はあるものの、映画オリジナルの青春物語になっています。

 少年時代をロンドンで過ごした吉田(笠松将)は、帰国後名門私立高校に通っていましたが、日本の生活になじめず孤立していました。そんな中、ヒップホップに出会った彼は、初めて夢中になれるものを見つけますが、アーティストを目指す彼を待っていたのは挫折の連続だったのです。

 いちおうアルバムのリリースにこぎつけたものの、まったく売れない吉田は、「日本人には本当のヒップホップがわからない」「世界に行かなきゃダメだ」「自分のはファッションだけのラップとは違う」と叫び続けますが、結果は因縁のある相手とのラップバトルに敗北、口先だけの業界人に翻弄されていきます。そしてドラッグディーラーに身を持ち崩すことに…。

実力が伴わないにもかかわらず、「自分だけは特別」という思い込みだけで突っ走り(しかも常にケンカ腰)、ボロボロになっていく吉田の“イタさ”がどこまでもリアルに描かれます(ラッパー=ドラッグという構図はいささか短絡的すぎる気がしますが)。この「何かをしたいけれど、何もできない。何者にもなれていない」という焦燥感が青春の痛みを感じさせるのです。

 追い打ちをかけるように吉田をさらなる不幸が襲い、その果てに彼は、ようやく語るべき言葉を見つけます。ここで映画のタイトルにもなっているSEEDAの曲の登場です。

 監督・共同脚本は、これが初の長編映画となる土屋貴史。数々のミュージックビデオを手がけてきた人だけに、説明的なセリフで状況を物語るのではなく、印象的なカットの切り替えで映画を進行させていきます。やや説明不足と感じる部分もありますが、そこは脳内で補完しろということなのでしょう。主演の笠松はオーディションを勝ち抜いて主人公役をゲットしたそうですが、常に怒りがにじみ出ているような表情が印象的でした。

(『花と雨』は1月17日から公開中)

配給:ファントム・フィルム

(c)2019「花と雨」製作委員会